トップページ > イベント・展示 > 各種イベント
第4回 かたのカンヴァス(森の芸術祭)
 
おいでよ, 森のクリスマスパーティー!
「第4回かたのカンヴァス」(森の芸術祭)
開催協力のため、下記のとおり開園時間を変更し、両日とも無料開放といたします。
皆様のご来園をお待ちしております。
尚、当日は車での入園はできません。

【開園時間】
12月23日(土・祝)午前10時から午後7時まで
12月24日(日)  午前10時から午後3時まで


お問合せ:電話 072-891-2059(植物園事務所)
ミニ門松作り体験教室→定員となり受付を終了いたしました
 
門松を手作りしてみませんか?
植物園で年末年始の風物詩の一つでもある門松を手作りしてみませんか?
園内の植物を使い、ご自宅の室内でも置けるミニ門松を作っていただきます。当園の職員が分かりやすく解説し、お手伝いしますのでお気軽にご参加ください。ミニ門松が完成した後は、みなさんで協力し合って大きな門松作りに挑戦していただき、完成した門松は記念に当園に展示させていただきたいと考えております。
日 時:2017年12月26日(火) 13時30分~15時
場 所:実習室 ※室内ですので雨天決行です。
定 員:15組(先着順) ※締め切りは12月21日(木)までです。
定員に達した場合は締め切りとします。
参加費:無料 ただし入園料350円(中学生以下無料)が必要です。
申込方法は来園、電話、ハガキ、FAXまたはEメールにて下記の情報をお送りください。
メールの場合件名に「ミニ門松作り体験教室申込み」と明記してください。
①郵便番号、②住所、③氏名(フリガナ)、④連絡先、⑤参加人数
その他:ミニ門松作りに必要な材料・道具はすべてこちらでご用意します。
お作りになったミニ門松(2個)をお持ち帰りいただける袋をご持参ください。

お問合せ:電話 072-891-2059(植物園事務所)
第1回 里山を考える研究会
 
多角的な視点で今後の里山のあり方を議論します
植物園内で「ナラ枯れ」が確認されたのをきっかけに、2012 年から ナラ枯れ研究会を開催し、その対策や地域における発生状況等の情報交換を行ってきました。 昨年の研究会にて近隣のナラ枯れ被害が減少に転じたことを受け、より多角的な視点で今後の 里山のあり方を議論する「里山を考える研究会」として開催します。
■開催日時 平成29年12月6日(水)
 研究会 13時~17時
 交流会 17時30分〜19時
■プログラム
 研究会 <会場①星の里いわふね2階研修室>
  第1部 専門家からの報告 13時~15時
  第2部 参加者による報告・討論
            15時15分〜17時
 交流会 <会場②植物園 研究棟・講義室>
■定員:先着50名 要予約
詳細は添付ポスターを参照ください。
(画像をクリックすると拡大表示されます)
お問合せ:電話 072-891-2059(植物園事務所)
植物園 「絵画展」
 
豊かな自然あふれる植物園の花や木々を描きませんか?
小・中学生は入園無料です、絵を描きに来ませんか? 応募作品は開催期間中、植物園展示室にて展示いたします♪

【開催期間】 2017年12月19日(火)
~2018年1月31日(水)
【募集期間】 2017年11月16日(木)
~12月15日(金)必着
【部  門】 小学生部門 ・ 中学生部門
・ 一般部門(高校生以上)
【募集枚数】 各部門 20点(先着順)
【応募条件】 作品サイズ 四つ切(縦38cm×横54cm)
詳細は添付ポスターを参照ください。
お問合せ:電話 072-891-2059(植物園事務所)
花壇体験教室 →雨天予報のため中止となりました
 
花壇に花を植えてみよう!
①植物園の花壇の話 ②花壇(プランタ)の植え方 ③実際に花を植えてみる などを実習しながら学んでいただきます!

日時:2017年10月28日(土)午前10時~11時30分(雨天中止)
会場:大阪市立大学理学部附属植物園
対象:どなたでも
定員:10人程度(先着順)
申込み:必要(来園・電話・FAX・メール)
締切り:2017年10月27日(金)必着
参加費:無料【但し、入園料350円必要】(中学生以下無料)

お問合せ:電話 072-891-2059(植物園事務所)
夜間特別開園
 
夜咲き熱帯スイレンの観察会
 観察会夜咲き熱帯スイレンは、夜間に色鮮やかな花を咲かせ、強い芳香を出すことで夜行性動物を誘引し、花粉を送粉してもらうのが特徴です。当園では10種類の熱帯スイレンを育てています。花は夜19時頃から咲き始め、翌朝9時頃に閉じ、これを2日間繰り返します。観察会当日にも開花の様子をご覧いただけます。

日時:2017年9月1日(金)・2日(土)
    17時~20時30分(小雨実施)
会場:大阪市立大学理学部附属植物園
費用:入園料350円 ※中学生以下は無料

詳細は添付ポスターを参照ください。
お問合せ:電話 072-891-2059(植物園事務所)
熱帯植物観察会
 
事前申込み不要。お気軽にご参加ください

当園の貴重なコレクションの中から、多肉植物(約200種類)、有用植物(約100種類:「食に関わる植物」および「素材や文化に関わる植物」に分類)を中心に解説します。普段はなかなか見ることのできないエキゾチックな植物を間近で見られるこの機会に、皆様のお越しをお待ちしています。


 日時:2017年9月2日(土)
     10:00~11:30
 会場:大阪市立大学理学部附属植物園
 費用:入園料350円 ※中学生以下は無料

 詳細は添付ポスターを参照ください。
 お問合せ:電話 072-891-2059
             (植物園事務所)
かたの環境講座2017【第1回】
 
身近な野草から紙をつくろう!
~紙すきを通して、環境を考える~
紙は何から作られるでしょうか?
私たちの身近に生えている野草から紙をつくることができます。実際に野草からパルプを取り出し、紙をすいて、ハガキをつくる体験をしながら、紙と環境の関係を考えます。

日時:2017年8月16日(水)
    13:00~16:00
会場:大阪市立大学理学部附属植物園
定員:20名(事前申込・先着順)
費用:入園料350円 ※中学生以下は無料
申込:交野市役所環境衛生課まで
    072-892-0121
詳細は添付ポスターを参照ください。
お問合せ:電話 072-891-2059(植物園事務所)
第1回植物の教室<連続2回実習>
 
植物をふやしてみよう!育ててみよう!!
植物園の職員が実演をまじえながら、植物の魅力を紹介します。
2回連続での受講はもちろん、どちらか1日だけの参加も可能です!

日時:2017年7月30日(日)13時~15時
   2017年8月27日(日)13時~15時
会場:植物園実習室

詳細は添付ポスターを参照ください。

お問合せ:電話 072-891-2059(植物園事務所)
ひらめき★ときめきサイエンス
 
森の植物園で学ぶ生物多様性
理学部附属植物園では、夏休み期間中の平成29年8月8日(火)に高校生を対象にした「ひらめき☆ときめきサイエンス~森の植物園で学ぶ生物多様性~」を開催します。この「ひらめき☆ときめきサイエンス」は日本学術振興会の主催で全国の大学や研究機関で開催されるプログラムで、「科研費」(KAKENHI)で行われた最先端の研究成果の一部を小中高校生の皆さんに体験してもらうことを目的としています。 この機会に高校生の皆さんのご参加をお待ちしています。

日時:8月8日(火)9:40~
場所:大阪市立大学理学部附属植物園

詳細は下記URLをご確認ください。
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/event/2017/170808

お問合せ:電話 072-891-2059(植物園事務所)
早朝特別開園
 
美しく開花するハナハスを観察しよう!
ハナハス観察のため、特別に通常より2時間30分早く、朝7時に開園します。 当植物園では、67品種89本のハスを保有・展示しています。ハスの花は、夜明けとともにほころび始め、早朝に開花し昼頃には閉じてしまいます。この早朝特別開園をご利用いただくことで、やさしい香りを漂わせながら美しく咲くハナハスを、存分に鑑賞していただけます。

平成29年7月15日(土)・16日(日)・17日(月・祝)の3日間
開園:7時、閉園:16時30分(雨天実施)
※通常の閉園時間16時30分まで在園可能
※9時30分までは限定エリア(スイレンプールからハナハスまで)のみ散策可能

お問合せ:電話 072-891-2059(植物園事務所)
森のサマースクール(受付を終了しました)
 
みどりいっぱいの植物園で夏休みの一日を楽しく過ごそう!

日時:2017年7月22日(土) (雨天実施)
午前9時30分から受け付け、午前10時開始 、
午後5時解散 ※保護者が必ず送迎して下さい。
場所:大阪市立大学理学部附属植物園
対象:小学校3〜6年生 定員:30名(先着順)
参加費:1人1000円 *保護者の入園料は無料
(昼食・おやつ・資料代・保険料込み)

詳細はポスターを参照ください。(ポスター画像をクリックすると拡大表示します)

お問合せ:電話 072-891-2059(植物園事務所)
水生植物観察会
 
事前申込み不要。お気軽にご参加ください
今回の観察会では、当園が保有する水生植物のコレクションについて、 本学理学研究科の厚井聡講師が、陸上の植物とは異なる形態に着目して解説します。 また、絶滅危惧種の保全の取組みについてもご紹介します。

日 時:平成29年7月15日(土)
    13時30分~15時 ※小雨実施
参加費:入園料350円 (中学生以下は無料)
※事前申し込みは不要。当日、直接ご来園ください。

お問合せ:電話 072-891-2059(植物園事務所)
国際学術シンポジウム
 
「人と植物の共生−都市の未来を考える−」
6月10・11日、植物園教員も組織委員として準備を進めてきました 国際学術シンポジウム「人と植物の共生−都市の未来を考える−」が 開催されます。 イタリアのパドヴァ植物園園長、インドネシアのボゴール植物園園長をはじめ、国内外から森や生物多様性、健康や文化などの専門家をお招きしています。両日とも同時通訳がつきます。ぜひともお誘い合わせてご参加ください。 なお会場は植物園ではありませんのでご注意下さい。 10日は大阪市立大学・杉本キャンパスの田中記念館ホール、11日は大阪市立自然史博物館の講堂です。 参加費は10日が無料、11日は自然史博物館の入館料のみご負担下さい。

申込み方法の詳細は添付チラシや大阪市立大学HPをご覧ください。 http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/event/2017/170610-170611

サクラの観察会
 
事前申込み不要。お気軽にご参加ください
 当園内のサクラ山では、約50種の園芸品種と数種の野生 種あわせて約200本以上を植栽しており、3月下旬頃から5月初め頃まで、さまざまな品種の桜の花をご覧いただけます。今回の観察会では、八重咲きの品種を中心に、植物園の教員が見どころをわかりやすく紹介します。
人気のイベントですので是非ご参加ください!

日 時:2017年4月15日(土)13時半~
集 合:植物園入口芝生広場付近
講 師:植松千代美(大阪市立大学理学研究科准教授)
参加費:無料ですが入園料350円(中学生以下は無料)は必要
申込み:不要ですので当日お越しください。

お問合せ:電話 072-891-2059(植物園事務所)
植物園市民講座:植物と私たちの生活
第8回「生活習慣病予防効果のあるトロピカル植物」
 
トロピカル植物の生活習慣病予防効果についてご紹介します。
 植物は、食用や薬用、鑑賞用として私たちの生活に密接に関わっています。さらには、癒し効果や抗疲労効果などの様々な生理作用を有することが報告されています。
今回は、その中でも食用植物成分による生活習慣病の予防効果として、マテ、マンゴー、ナンキョウ(タイショウガ)に着目しました。マテは、主に南米諸国で栽培されており、マテの葉や茎から作られるマテ茶は、世界三大飲料の1つにあげられています。マンゴーは、代表的なトロピカルフルーツとしてよく食されています。タイなどのマンゴー生産国では、ジュースやドライフルーツなどの食品加工における果肉の利用に伴い、種子が多量の産業廃棄物として処理されているため、その有効利用について期待されています。東南アジア原産のナンキョウ(タイショウガ)は、トムヤムクンなどのタイの伝統料理には欠かせない食材です。ナンキョウの根茎に含まれる成分には、様々な生理作用を有することが明らかにされています。
 本講演では、これらに含まれる成分によるアルコール性肝疾患の予防効果、抗肥満効果、認知症の予防効果とその作用メカニズムについて紹介いたします。

日時:平成29年3月25日(土)14時〜16時 (雨天実施)
会場:大阪市立大学理学部附属植物園
定員:40名(先着順)

お問合せ:電話 072-891-2059(植物園事務所)
植物園市民講座:植物と私たちの生活
第7回「植物園から始める自然エネルギー」
 
自然エネルギーに関する講演と薪割り体験
大阪市立大学理学部附属植物園は森の植物園です。日本の各地に成立する森を実物展示するために、人為的に造成された森ですが、創設から70年近くを経て、絶滅危惧種を含む多様な生きものが暮らす豊かな森ができあがりつつあります。持続可能な社会のあり方を考える時、バランスのとれた生態系は大きなヒントを与えてくれます。
講義では植物園で実施した環境問題研究プロジェクト「都市と森の共生をめざして」の成果を紹介するとともに、日本各地の自然エネルギーの取り組みを紹介します。
またフィールドワークでは木質バイオマスエネルギーの専門家・大塚憲昭さんを講師に迎え、この冬植物園に導入した薪ストーブの紹介、様々な木材を使った火起こし体験や、手動薪割り機を使った薪割り体験を予定しています。

日時:平成29年3月15日(水)13時〜16時 (雨天実施)
会場:大阪市立大学理学部附属植物園
定員:30名(先着順)

お問合せ:電話 072-891-2059(植物園事務所)
枝垂れ桜のライトアップ
 
今年も夜間開園します!
毎年、ご好評をいただいています、「枝垂れ桜のライトアップ」を開催します。
夜空に美しく輝く幻想的な枝垂れ桜をご鑑賞ください。


日時:平成29年4月1日(土)~ 4月6日(木)
   17時~20時※最終入園は19時30分まで

詳細はポスターを参照ください。
(ポスター画像をクリックすると拡大表示します)

お問合せ:電話 072-891-2059(植物園事務所)
梅の観察会
 
事前申込み不要。お気軽にご参加ください
毎年恒例の春一番の行事である
「ウメの観察会」を開催します!

梅園にてウメの花の作りや色について解説します。
その後、参加者1人1人が好きな品種を選んで、萼片・花弁・雄しべ・雌しべの色・枝の色を調査します。
最後に、花弁に含まれる色素を家庭にもある簡単な薬品を使って調べます。

人気のイベントですので是非ご参加ください!

日 時:2017年2月25日(土)13時半~
集 合:植物園入口芝生広場付近
講 師:植松千代美(大阪市立大学理学研究科准教授)
参加費:無料ですが入園料350円(中学生以下は無料)は必要
申込み:不要ですので当日お越しください。

お問合せ:電話 072-891-2059(植物園事務所)
植物園写真展
 
当園内で撮影された写真作品を大募集中!
「植物園写真展 」を開催します。 それに先立ち、この写真展で展示させていただく当園内で撮影された樹木や花・風景等の写真を大募集致します!
応募作品は、当園内「展示・実習室」にて展示し、開催期間中に、ご来園の方々による人気投票を行います。

募集期間:2017年1月17日(火)~2月3日(金)
展示期間:2017年2月7日(火)~2月19日(日)

応募要件
(1)当園で撮影された作品(作品タイトルをご準備ください)
(2)写真サイズは四つ切程度(253mm×205mm)
(3)作品はお一人様3点までです。必ず作品は額装してからご持参ください。
(4)ご応募いただいた作品の搬出は2月21日(火)から1週間の間でお願いします。搬出期間中にご無理な方はご相談ください。
※作品を出展していただいた方には、入園無料券3枚進呈いたします。
※出展いただいた作品は、今後の写真展の広報活動に使用させていただく場合があります。

お問合せ:電話 072-891-2059(植物園事務所)
研究会
 
11/16 第5回ナラ枯れ研究会 [終了しました]
大阪市立大学植物園では2009年頃からナラ枯れ現象が観察されはじめました。
地域における発生状況の把握と情報交換のため、2012年からナラ枯れ研究会を開催しています。
今年になって植物園内や交野市域の被害は減少傾向にありますが、被害木の処理など新たな課題も生じています。また、ナラ枯れ被害を受けた里山が今後どのような変遷をしてゆくのかなどの課題もあります。
今回も参加の皆さんと経験や情報を交換し、議論を深める場にしようと思っていますので、ぜひともご参加ください。

日時:2016年11月16日(水)
研究会 13:00-17:00
交流会 17:30-19:00

〇第1部 研究会(13:00-15:30)
開会挨拶 植物園長 飯野盛利
「カシノナガキクイムシの生態とナラ枯れ防除」
  小林正秀さん(京都府森林技術センター)
「東京大学生態水文学研究所にみる森林の変遷」
  田中延亮さん・佐藤貴紀さん
      (東京大学生態水文学研究所)
各地からの報告
質疑応答とまとめ

〇第2部 見学会(15:50-17:00)
植物園内の状況紹介
「カシナガトラップのデモンストレーション」
  解説 小林正秀さん

〇交流会 研究棟講義室にて(17:30-19:00)
-------------------------------------------

☆定員50名(先着順、要申込み)
☆参加費無料(交流会は実費1500円程度)

<参加申込方法>
☆はがき・FAXの場合:下記を明記してお申込みください。
   (1) お名前、(2) 住所、(3) 電話番号
   (4) 差し支え無ければ職業、(5)交流会への参加希望の有無

〒576-00004
大阪府交野市私市2000
FAX 072-891-2101
大阪市立大学理学部附属植物園「公開研究会」係

☆メールの場合:上記 (1) から (5) をメール本文に記載し、
メールの件名を「ナラ枯れ研究会参加希望」として
b-garden@sci.osaka-cu.ac.jpへお送りください

☆問い合わせ先:大阪市立大学理学部附属植物園
電話 072-891-2059

主催:大阪市立大学理学部附属植物園
後援:交野市


All Rights Reserved, Copyright © Botanical Gardens, Osaka City University