酵母研究会 (Yeast ResearchSociety of Japan) 規約

総則
1、本会の名称を酵母研究会 (Yeast Research Society of Japan)とする。
2、事務局を 京都市左京区北白川追分町 京都大学大学院農学研究科 応用生命科学専攻 応用微生物学講座 におく。

目的
3、本会は、酵母の研究と活用について、研究者間ならびに基礎と応用の研究分野交流と協力関係の促進を目的とする。

事業
4、本会は、次の事業をおこなう。
 (1)研究集会・総会の開催
 (2)国内外の関連する研究団体および会員相互間の情報連絡
 (3)他の関連団体と協力しておこなう事業
 (4)その他、本会の目的を達成するために必要な事業

会員
5、本会の趣旨に賛同する会員(個人、グループ、および法人)をもって構成する。
6、本会の運営に要する費用を分担するため、年会費として個人会員は2,000円、グループ会員は4,000円、法人会員は10,000円を納める。

運営
7、本会の運営は運営委員会があたる。
8、運営委員会は会長、庶務幹事、会計幹事、および運営委員をもって構成する。それぞれの任期は2年とし、再任を妨げない。
9、運営委員は会員の中から総会で選出される。
10、会長は運営委員会が推薦し、総会において承認する。会長は本会を代表するとともに、運営委員会を召集し、運営委員長として議事進行を行う。
11、庶務幹事1名、会計幹事1名は、運営委員会が指名する。
12、本会の運営を適切にするために、監事2名をおく。監事は会員の中から選任され、任期は2年とし、再任を妨げない。
13、監事は本会の経理を監査し、また必要あるときは運営全般について会長に助言する。
14、本会に顧問をおくことができる。
15、顧問は会長の求めに応じて,運営全般について助言を行うことができる。

改定
16、本規約の改定は総会の議決による。
17、本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
補則 1.この規約は、昭和48年7月21日から施行する。
(昭和59年8月、昭和61年8月、平成6年8月、平成7年8月、平成13年8月、平成23年9月、および平成25年4月一部改定)
補則 2. 5にいうグループとは大学および公的研究機関における公式、非公式の研究単位とする。