TOPICS


<2018.3.13. 更新> 過去のトピックス・お知らせはこちら



 大隅基礎科学創成財団の研究助成のお知らせ


下記の通り、一般財団法人 大隅基礎科学創成財団の第1期研究助成を公募いたしますので、お知らせします。

趣旨 基礎科学全般において性急な成果を求める風潮の中で、健全な基礎研究がおろそかにされ、研究者マインドが低下し、 次世代の基礎科学研究者が育たなくなりつつあるというのが今日の日本の科学界の現状です。 世界に先駆けて新しい基礎科学の新分野を拓き得る先見性・独創性に優れた研究、国や公的機関による助成がなされにくい研究、 任期切れ・定年などにより継続が困難となる基礎研究に対する研究助成を行います。
公募テーマ 我が国における酵母研究は長い伝統をもち、分子細胞生物学のモデル生物として多くの生理現象の分子レベルでの原理解明に多大な貢献をし、 国際的にも評価される研究が続けられてきました。 同時に酵母は、発酵や醸造など、人類が有史以来利用してきた微生物でもありますが 、大学と酵母関連企業の研究者の連携も近年やや希薄になってきていることも大きな問題点となっており、 酵母の研究の底上げの必要性は極めて高いと考えられます。 このような状況に鑑み、新しい生理現象の発見やその分子機構の解明等、 人類と深い関わりのある酵母を対象としたこの生物種ならではの基礎研究をテーマとして支援します。
研究期間 2018年7月〜2020年6月末までの原則2年間
応募期間 2018年3月9日〜2018年4月25日(当日消印有効)
研究代表者の顕彰など 研究助成をする研究代表者に、「大隅基礎科学創成財団 酵母コンソーシアムフェロー(以下 フェロー)」の称号を付与する予定です(フェロー顕彰)。 フェロー授与式・交流会に出席していただきます。 フェローには、基礎科学としての酵母研究を推進するのみならず、 酵母に関する企業研究者との勉強・交流会への参加等のアウトリーチ活動を行い、 基礎科学の発展と普及に貢献していただきます。
詳細・申請方法・問合せ先など 一般財団法人大隅基礎科学創成財団 酵母研究助成事務局
http://www.ofsf.or.jp/activity/ をご覧下さい。



「酵母研究会第84回講演会」開催のご案内


「酵母研究会第84回講演会」を3月6日(火)に黄桜株式会社にて開催しました。ご参加ありがとうございました。
日時 2018年 3月6日(火) 13時00分 〜 18時30分
場所 黄桜株式会社 研究棟3F
〒612-8242 京都府京都市伏見区横大路下三栖梶原町53
京阪中書島駅と伏水蔵との間で通常上記のような送迎バスを運行しています(定員28名 下記ホームページ参照)。
京阪中書島駅より徒歩で20分ほど掛かります こちらの地図をご参照下さい。

※総会の後に、ご希望の方に伏水蔵見学を予定しております(申込制)。
プログラム (12時15分より受付開始)

■講演会 13:00 〜 15:30 (講演時間は質疑応答入れて各35分)

 1) 「メタノール資化酵母Ogataea polymorphaのゲノム編集と新接合型変換機構」
 金子 嘉信(大阪大学・工学研究科・特任研究員) 座長:高木 博史

 2) 「酵母Kluyveromyces marxianusの糖資化能とエタノール発酵の微妙な関係」
 星田 尚司(山口大学・創成科学研究科・准教授) 座長:杉山 峰崇

 3) 「ゲノム情報を用いた新たな麹菌分子育種の可能性:
    第三の吟醸香成分ロイシン酸エチルの生成に関与する新規酵素
    MOA reductaseの研究を中心として」
 加藤 雅士(名城大学・農学部・教授) 座長:赤尾 健

 4) 「醤油酵母の多面的な研究」
 渡部 潤(ヤマサ醤油株式会社・醸造部・室長代理) 座長:栗山 謙一


■総会  15:30 〜 15:55

■見学会 16:00 〜 16:50

■懇親会 17:00 〜 18:30 (伏水蔵レストラン)
参加費 会員 無料、非会員 1,000円

懇親会に出席される方は当日受付で会費 4,000 円(学生は3,000円)をお支払い下さい。
受付では入会申し込みもお受けします。講演会及び懇親会への参加申込は、
2月23日(金)までに E-mail または Fax にて下記までお知らせ下さい。

連絡先 田中 克典(酵母研究会 運営委員・庶務幹事)
    〒669-1337 三田市学園2-1
    関西学院大学 理工学部生命科学科
    Phone: 079-565-7769; Fax: 079-565-7769
    E-mail: katsunori<@>kwansei.ac.jp (<@>は英字の@に変えてください)



 地神芳文記念研究助成金 平成30年度研究助成のお知らせ


酵母細胞研究会では、故地神芳文先生のご遺族よりのご寄付を基金として、 若手の生物科学研究者を支援するために、優れた研究に対して研究資金助成を行っています。
研究分野 酵母あるいは糖鎖に関する研究。
研究助成対象者 日本国内の大学、公的研究機関およびこれに準じる研究機関に属する研究者で、年齢が2018年4月1日現在において39歳以下である者

詳しくは、webページをご覧ください。



 Non-conventional Yeasts 2018およびISSY34のお知らせ


International Commission on Yeasts(ICY)は、酵母研究の基礎から応用までの幅広い普及と発展を目的に設立され、 1982年以降は国際微生物学連合(International Union of MicrobiologicalSocieties; IUMS)の Mycology and Eukaryotic Microbiology(MEM)部門に属している国際的な組織です。

1964年に初めての会議が Slovakia で行われ、現在は4年に一度、酵母研究の全体を網羅する国際会議 (International Congress on Yeasts;ICY)が、およびICY非開催年には毎年、 特定のトピックスに絞ったシンポジウム(International SpecializedSymposium on Yeasts; ISSY)が それぞれ開催されています。

今年は通常のISSY(10/1-4 @アルゼンチン)に加えて、Non-conventional Yeastsのカンファレンス (5/15-18 @ポーランド)も開催されます。両方ともあまり訪れる機会のない国だと思いますが、 それぞれ興味深いトピックスで開催されますので、企業の方や学生さんを含む皆様に積極的にご参加(ご発表)いただき、 当方と一緒に日本の酵母研究・技術をアピールしましょう。


International Conference "Non-conventional Yeasts: from Basic Research to Application"
  May 15-18, 2018, Rzeszow, Poland
  http://nonconventionalyeasts2018.pl/   (PDF

34th International Specialized Symposium on Yeasts (ISSY34): Yeast Odyssey: from Nature to Industry
  October 1-4, 2018, Bariloche, Patagonia, Argentina
  https://www.issy34-bariloche.com/   (PDF


ICY会長 高木 博史