研究業績>総説・著書など


  1. 増井良治 (2015) 機能未知タンパク質の機能解明を目指して ―ヌクレオチド代謝を例に―. 生化学, 87, 749–752

  2. Morita, R., Nakane, S., Shimada, A., Inoue, M., Iino, H., Wakamatsu, T., Fukui, K., Nakagawa, N., Masui, R., and Kuramitsu, S. (2010) Molecular mechanisms of the whole DNA repair system: A comparison of bacterial and eukaryotic systems. J. Nucleic Acids, 2010, 179594

  3. 大賀拓史,増井良治 (2009) 見落とされた酵素活性をin vivo基質スクリーニングで発見. 化学と生物, 47(12),814–816

  4. 倉光成紀,増井良治 (2009) タンパク質の酵素反応. 『やさしい原理からはいるタンパク質科学実験法3:タンパク質のはたらきを知る』(長谷俊治、高尾敏文、高木淳一編集), 1–27, 化学同人

  5. 倉光成紀、増井良治 (2008) 特集:タンパク3000 プロジェクトが産んだもの.第1部 成果とインパクト:個別解析拠点の研究成果 「代謝系」. 蛋白質核酸酵素, 53(5), 604–607

  6. 増井良治他共著 (2008) 酵素ハンドブック. 朝倉書店

  7. 増井良治他共著 (2007) 『構造生物学 —ポストゲノム時代のタンパク質研究—』(倉光成紀、杉山政則編)共立出版

  8. 海老原章郎、新海暁男、中川紀子、増井良治、三木邦夫、横山茂之、倉光成紀 (2006) 高度好熱菌 丸ごと一匹 プロジェクト: 構造ゲノム科学からシステム生物学へ. 日本結晶学会誌, 48, 403–410

  9. Masui, R., Nakagawa, N., and Kuramitsu, S. (2005) MutM: Single C2C2 zinc finger-DNA interaction. "Zinc Finger Proteins: from Atomic Contact to Cellular Function" (edited by Shiro Iuchi and Natalie Kuldell), Landes Bioscience

  10. 増井良治 (2004) 高度好熱菌Thermus thermophilus HB8のゲノム解析 −原子生物学のモデル生物−. 『ゲノミクスとプロテオミクスの新展開〜生物情報の解析と応用〜』 (今中忠行 監修), 113–128, NTS

  11. 倉光成紀、増井良治、中川紀子 (2004) 『生物学が変わる! − ポストゲノム時代の原子生物学 −』 大阪大学出版会

  12. 増井良治,岩井孝吉,倉光成紀 (2003) PCRを用いた遺伝子の変異導入法. 『ここまでできるPCR最新活用マニュアル』, 112–120, 羊土社

  13. 大谷直人,中川紀子,寳関 淳,海老原章郎,佐藤伸哉,上利佳弘,小林慎一郎,上利和子,真岡伸子,増井良治,三木邦夫,横山茂之,倉光成紀 (2002) バクテリア蛋白質の網羅的発現. 蛋白質核酸酵素, 47(8, Suppl), 1009–1013

  14. 増井良治,木原美穂,森口実紀,小坂宏道,中川紀子,倉光成紀 (2002) タグ付きタンパク質の微生物による発現・調製. 『ポストシークエンス タンパク質実験法 2.試料調製法』 (大島泰郎,鈴木紘一,藤井義明,松村 喬 編), 114–130, 東京化学同人

  15. 中川紀子,増井良治,倉光成紀 (2001) 高度好熱菌のDNA修復蛋白質UvrBの構造と機能の関連. 蛋白質核酸酵素, 46(8), 968–975

  16. 増井良治,中川紀子,倉光成紀 (2001) 酸化傷害DNAの修復機構. 蛋白質核酸酵素, 46(11), 1618–1624

  17. Yokoyama, S., Hirota, H., Kigawa, T., Yabuki, T., Shirouzu, M., Terada, T., Nishimura, Y., Masui, R., and Kuramitsu, S. (2000) Structural genomics projects in Japan. Nat. Struct. Biol., 7 (11, supp), 943–945

  18. 増井良治,倉光成紀 (1999) 好熱菌の全ゲノム配列決定とその意義. 蛋白質核酸酵素, 44(2), 165–170. 共立出版

  19. 中川紀子、増井良治、加藤龍一、倉光成紀 (1998) 原核生物のヌクレオチド除去修復. 実験医学, 16(8) (増刊「DNA複製と修復−その分子機構から疾患解明まで−」(松影昭夫,花岡文雄 編)), 1069–1075. 羊土社



EnglishJapanese