English page

分子から宇宙まで

What's NEW

2016年度

教育・研究
幸田正典教授らが、体全体に模様がある魚でも顔の模様の違いで他個体を識別することを世界で初めて実証。5月19日。
教育・研究
宮田真人教授らが、ヒトに肺炎を発症させるマイコプラズマ・ニューモニエの“接着器官”の三次元構造を世界で初めてナノメートルレベルで解明。4月13日。
公募情報
2016年10月1日着任の情報生物学分野の教授1名(5月12日応募締切)と動物機能生態学分野の准教授または講師1名(6月30日応募締切)を募集。4月1日。
WEB更新
研究室・教員一覧、問い合わせ先を更新。4月1日。

2015年度

受賞・表彰
西吉利(XiJiLi)さん(情報生物学研究室D2)が日本昆虫学会大76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会においてポスター賞を受賞。 3月27日。
受賞・表彰
寺原夏穂さん(細胞機能学研究室・修士1年生)が、第7回OCARINA国際シンポジウムでポスター賞を受賞。3月18日
受賞・表彰
厚井聡講師(生物・植物園)らの研究論文が2016年度第10回日本植物分類学会論文賞を受賞。3月10日。
教育・研究
幸田正典教授と宮田真人教授の研究が市大広報誌CITY X UNIVERSITYの2015年10月号と2016年2月号にてそれぞれ紹介。2月26日。
受賞・表彰
細川賢人さん(植物進化適応学研究室M2)が2015年度研究業績優秀賞(生物分野)を受賞。2月3日。
教育・研究
2015年度(平成27年度)修士論文学位公聴会を開催。2月3日。
教育・研究
保尊隆享理学研究科長の紹介が市大facebookに掲載。12月5日。
教育・研究
宮田真人教授らが、ヒトに肺炎を発症させるマイコプラズマ・ニューモニエの“接着器官”の構造を世界で初めてナノメートルレベルで解明。12月4日。
受賞・表彰
クロチルド・ベルタンさん(細胞機能学研究室・博士研究員)がEast-Asia Microscopy Conference (EAMC2) (in Himeji)でポスター賞を受賞。11月26日。
教育・研究
幸田正典教授らが、魚が顔の模様の違いで他個体を識別することを世界で初めて実証。11月26日。
イベント
日本学術会議主催公開シンポジウム「自然史教育における植物園の役割」を2015年11月7日(土)に理学部附属植物園にて開催。10月30日。
教育・研究
寺北明久教授、小柳光正准教授らは、光感覚の進化を解明するカギとなる双子遺伝子を魚類松果体で発見BMC Biology に掲載。9月15日。
教育・研究
堀田さん(D2)、幸田正典教授らの論文が、Frontiers54雑誌が一週間に出すのべ400編の中で今週の論文に。8月。
教育・研究
堀田さん(D2)、幸田正典教授らの魚類の論理的思考能力の論文ががウォール・ストリート・ジャーナルに掲載。8月5日。
教育・研究
高木昌興准教授らの南大東島でのダイトウコノハズクの13年間の研究が、サントリー世界愛鳥基金のサイトで紹介。8月5日。
教育・研究
堀田さん(D2)、幸田正典教授らの魚類の論理的思考能力の論文が新聞各紙を始め様々なメディアで紹介。8月4日、5日。
教育・研究
堀田崇さん(動物機能生態学分野 D2)、幸田正典教授らが魚類で論理的思考能力を確認 ~動物行動における従来の常識を覆す発見~。Frontiers in Ecology and Evolutionに掲載。8月3日。
受賞・表彰
濵田稔史さん(植物機能生態学 M2)が第25回日本熱帯生態学会年次大会で最優秀発表賞を受賞。6月25日。
教育・研究
下田親特任教授らのアメリカ科学アカデミー紀要の論文が朝日新聞(7月2日朝刊)とThe Scientist Magazineで紹介。7月。
教育・研究
H27年度「特色となる教育体制への支援事業(教育推進本部経費)」を受けて高校生のための博物館の日「自然科学のセンス・オブ・ワンダー」 を開催。8月11日。
受賞・表彰
浜口祐特任助教(細胞機能学研究室)と松本優さん(同 M1)が第42回日本マイコプラズマ学会で優秀発表賞を受賞。5月23日。
教育・研究
2014年度 生物地球系専攻(生物系)・生物学科・附属植物園 年次報告書を掲載。5月18日。
教育・研究
理学部紹介動画を公開。4月6日。
WEB更新
生物学科ホームページを更新。

2014年度

教育・研究
2014年度(平成26年度)博士論文学位公聴会を開催。3月30日。
教育・研究
福西加奈さん(細胞機能学研究室M2)が2014年度研究業績優秀賞(若野賞)を受賞。3月24日。
教育・研究
清家泰介さん(細胞機能学分野 2014年3月博士(理学)学位取得)、中村太郎教授、下田 親特任教授(名誉教授)が、~生殖隔離から新しい種の創造へ~ 酵母の性フェロモンと受容体の協調的な改変を実現。アメリカ科学アカデミー紀要に掲載。3月24日。
受賞・表彰
渡中実里さん(植物機能生態学研究室 M1)が第2回地域連携発表会で地域連携発表会副所長賞を受賞。3月4日。
教育・研究
2014年度(平成26年度)卒業研究発表会を開催。3月3日。
受賞・表彰
福西加奈さん(細胞機能学研究室 M2)が2014年度研究業績優秀賞(生物分野)を受賞。 2月5日。
教育・研究
2014年度(平成26年度)修士論文学位公聴会を開催。2月5日。
受賞・表彰
クロチルド・ベルタンさん(細胞機能学研究室 博士研究員)と西川実志さん(同 M2)がIGER国際シンポジウム「先端的電子顕微鏡技術による生物研究の最前線」でポスター賞を受賞。1月15日。
教育・研究
宮田真人教授らの研究と新学術領域研究の取り組みを紹介する記事が,日本学術振興会の“科研費NEWS”に掲載。1月14日。
教育・研究
2014年度(平成26年度)博士論文学位公聴会を開催。12月26日。
教育・研究
宮田真人教授が“ニコニコ学会βシンポジウム「『星とたんぽぽ』~見えない世界を可視化する~」”で講演。「滑走するマイコプラズマ」。12月20日。
セミナー
増井良治教授(大阪市立大学大学院理学系研究科)のセミナーを開催。11月11日(火)16:00-17:10、理学部第二講義室。
受賞・表彰
生物学科編纂の生物学実験への招待が「平成26年度優秀テキスト」を受賞。11月。
受賞・表彰
山下(川野)絵美さん(生体高分子II機能学研究室 博士研究員)が第1回 女性研究者表彰制度 博士研究員奨励賞[岡村賞]を受賞。11月。
受賞・表彰
関澤彩眞さん(動物機能生態学研究室 博士研究員)が2014年度「日本動物行動学会賞」を受賞。10月。
教育・研究
増井良治教授が代謝調節機能学研究室に着任。10月1日。
教育・研究
エントランスホールに研究室紹介などのパネルを設置。
教育・研究
宮田教授らが、中高生向けアプリ「生体運動マシナリー図鑑/ビデオ・アーカイブ」を公開。
教育・研究
生物地球系(生物分野) 2013年度年次報告書を掲載。
受賞・表彰
田原悠平さん(細胞機能学研究室 昨年度M2)が第40回日本マイコプラズマ学会学術集会「最優秀発表賞」を受賞。
セミナー
深田吉孝教授(東京大学大学院理学系研究科)のセミナーを開催。8月21日(木)17:00-18:00、B棟202教室(理学部会議室)。
セミナー
Satchidananda Panda 教授(The Salk Institute, USA)のセミナーを開催。7月31日(木)16:30-18:00、B棟202教室(理学部会議室)。
セミナー
垣内 力准教授(東京大学大学院薬学系研究科)のセミナーを開催。7月4日(金)13:00-14:30、D棟第二講義室。
セミナー
厚井 聡先生(大阪市立大学 大学院理学研究科)のセミナーを開催。7月3日(木)17:00-18:10、B棟202室(理学部会議室)。
セミナー
豊島陽子教授(東京大学大学院総合文化研究科)のセミナーを開催。6月26日(木)17:00-18:10、8号館 81A教室。
教育・研究
宮田真人教授らが学習院大学の西坂崇之教授らとの共同研究で、病原細菌、マイコプラズマの滑走運動の素過程検出に成功。アメリカ科学アカデミー紀要に掲載。6月10日。
教育・研究
生物学科教員による「生物学実験への招待(Aコース全コース)」を出版。
教育・研究
山口良弘先生(複合先端研究機構テニュアトラック特任准教授 4月着任)が理学研究科生物地球系専攻、理学部生物学科を兼任。4月。
教育・研究
寺北明久教授らの研究がヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP)のプログラム・グラントに採択。4月。
教育・研究
関沢彩眞さん・志賀向子教授らの研究論文がBiology Letters誌の Most downloaded articles 2013に選定。4月。
セミナー
Dr Morgan Beeby(Imperial College London)のセミナーを開催。4月2日(水)17:00-18:10、理学部 第2講義室。
公募情報
生物分子機能学講座(代謝調節機能学分野)の教授1名を公募。2014年10月1日着任。応募締切:2014年5月9日(金)消印有効。
WEB更新
生物学科ホームページをリニューアル。

2013年度

教育・研究
2013年度 生物地球系(生物分野)博士論文公聴会を開催。3月25日(火)13:30-14:10、理学部 会議室。
セミナー
平澤栄次教授の最終講義を開催。3月20日(木)17:00-18:00、全学共通教育棟 815号教室。
セミナー
立花和則先生(東京工業大学大学院)のセミナーを開催。3月10日(月)13:30-、理学部 第2講義室。
教育・研究
2013年度 生物学科卒業論文発表会を開催。3月3日(月)9:25-17:00、全学共通教育棟 813号教室。
受賞・表彰
田中晃弘さん(細胞機能学研究室 M2)が2013年度研究業績優秀賞(生物分野)を受賞。 2月。
教育・研究
2013年度 生物地球系(生物分野)博士論文公聴会を開催。2月3日(月)9:25-17:30、学術情報センター 文化交流室。
教育・研究
2013年度 生物地球系(生物分野)博士論文公聴会を開催。1月6日(月)9:00-12:00、学術情報センター 文化交流室。


学科案内冊子

 生物学科の案内冊子をご覧いただけます。案内冊子はpdf形式で作成されており、ファイルの大きさは7MBです。