大学トップ >  理学研究科
理学部トップ
  > 各専攻・学科への入口 >   生物地球系専攻  > 生体高分子機能学II  > トピックス
生物学科

研究室トップ
研究内容
研究室のメンバー
トピックス
業績リスト
セミナー
大学院入試情報
問い合わせ/アクセス

【2017】
- 5月 小柳准教授がInternational Symposium on Biophysics of Rhodopsins(京都)にて招待講演-
「Functional properties of diverse animal rhodopsins and their potentials for optical regulation of cell signaling」 International Symposium on Biophysics of Rhodopsins, Kyoto, Japan (2017)

- 4月 総説がFront. Ecol. Evol..誌に掲載-
M. Koyanagi, E. Kawano-Yamashita, S. Wada, A Terakita: Vertebrate Bistable Pigment Parapinopsin: Implications for Emergence of Visual Signaling and Neofunctionalization of Non-visual Pigment. Front. Ecol. Evol. 5:23 (2017)


- 4月 山下(川野)絵美博士研究員(RPD)が奈良女子大学に就職-


【2016】
-12月 小柳准教授が第54回生物物理学会年会(つくば)にて招待講演-
「Optogenetic potentials of bistable animal opsin-based pigments for regulating GPCR signalings」

-11月 小柳准教授が第22回国際動物学会議/第87回日本動物学会(沖縄)にて招待講演-
「Potential of bistable pigments for optical control of cell signaling」 22nd International Congress of Zoology & 87th meeting of Zoological Society of Japan, Okinawa, Japan (2016)

-10月 和田特任講師が准教授が第17回レチナールタンパク質国際会議(ポツダム)においてEMBOポスター賞を受賞-
EMBO poster prize 「The molecular and cellular basis of the wavelength discrimination in the zebrafish pineal organ」 17th International Conference on Retinal Proteins, Potsdam, Germany (2016)

-10月 寺北教授が第17回レチナールタンパク質国際会議(ポツダム)にて招待講演-
「Parapinopsin-involving light reception in the pineal organs of lower vertebrates」 17th International Conference on Retinal Proteins, Potsdam, Germany (2016)

-10月 小柳准教授が第17回レチナールタンパク質国際会議(ポツダム)にて招待講演-
「Optical control of cell signaling using bistable animal opsin-based pigments」 17th International Conference on Retinal Proteins, Potsdam, Germany (2016)


- 9月 寺北教授がInternational Society for Eye Research 2016(東京)にて招待講演-
「Pineal photoreception involving bistable pigment parapinopsin in lower vertebrates」 XXII Biennial Meeting of the International Society for Eye Research, Tokyo, Japan (2016)

- 8月 研究成果がPLOS ONEに掲載-
T. Sugihara, T. Nagata, B. Mason, M. Koyanagi, A. Terakita: Absorption Characteristics of Vertebrate Non-Visual Opsin, Opn3. PLOS ONE 11(8):e0161215 (2016)


- 7月 沈宝國さん(大学院生)が第19回日本光生物学協会年会(東京)においてポスター賞を受賞-
「非視覚オプシンであるハマダラカOpn3の光遺伝学的利用の可能性の検討」

- 6月 寺北教授がセントルイス・ワシントン大学(セントルイス)にて招待講演-
「Functional Diversity of Animal Opsins; their contribution to physiological functions and optogenetic potentials」 Anesthesiology Research Seminar, Washington University School of Medicine, St. Louis, USA (2016)



【2015】
-12月 寺北教授が2015環太平洋国際化学会議(ホノルル)にて招待講演
「Diverse animal bistable pigments and their optogenetic potential」 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), Honolulu, USA (2015)

-12月 小柳准教授が第49回光学五学会関西支部連合講演会(大阪)にて招待講演-
「光受容タンパク質の意外な使い方~ピンぼけ像を使った奥行き知覚~」

-11月 研究成果がJ.Biol.Chem誌に掲載-
H. Tsukamoto, Y. Kubo, D. L. Farrens, M. Koyanagi, A. Terakita, Y. Furutani: Retinal attachment instability is diversified among mammalian melanopsins. J Biol. Chem. 290. 27176-27187 (2015)

-10月 研究成果がPLOS ONE誌に掲載-
E. Kawano-Yamashita, M. Koyanagi, S. Wada, H. Tsukamoto, T. Nagata and A. Terakita: Activation of Transducin by Bistable Pigment Parapinopsin in the Pineal Organ of Lower Vertebrates. PLOS ONE 10, e0141280 (2015)


- 9月 研究成果がBMC Biology誌に掲載-
M. Koyanagi, S. Wada, E. Kawano-Yamashita, Y. Hara, S. Kuraku, S. Kosaka, K. Kawakami, S. Tamotsu, H. Tsukamoto, Y. Shichida and A. Terakita:Diversification of non-visual photopigment parapinopsin in spectral sensitivity for diverse pineal functions. BMC Biology 13, 73 (2015)

 “睡眠・生活リズムと光の関係…謎を解く双子遺伝子、魚類で解明”産経WEST 2015年9月23日

- 9月 松尾亮太准教授(福岡女子大学国際文理学部)が来研-
●生物分子機能学ゼミナール「ナメクジの脳におけるDNA増幅」

- 9月 N. Gautam 教授(Washington University School of Medicine,USA)が来研-
●生物分子機能学ゼミナール「Using light to identify mechanisms that govern cell behavior」

- 9月 小柳准教授が2015年光化学討論会(大阪)にて招待講演-
「Introduction of animal rhodopsins and their optogenetic potentials」

- 9月 寺北教授が第7回アジア・オセアニア光生物学会議(台北)にて招待講演
「Parapinopsins as pineal photopigments in teleosts」 The 7th Asia and Oceania Conference o Photobiology (AOCP2015), Taipei, Taiwan (2015)

- 8月 寺北教授が第9回国際比較生理生化学会議(クラクフ)にて招待講演
「Wavelength discrimination in the pineal photoreception of lower vertebrates」 The 9th International Congress of Comparative Physiology and Biochemistry, Krakow, Poland (2015)

- 8月 Optogeneticsが刊行-
A. Terakita, T. Nagata, T. Sugihara, M. Koyanagi: Optogenetic Potentials of Diverse Animal Opsins. Optogenetics (Yawo et al. Eds., Springer) p77-88 (2015)

- 3月 寺北教授が第7回OCARINA国際シンポジウム(大阪)にて招待講演
「Diverse animal rhodopsins and their optogenetic application」 7th OCARINA International symposium in conjunction with Symposium in honor of Distinguished Professor Michael Nobel, Osaka, Japan (2015)

- 2月 研究成果がZoological Letter誌に掲載-
S. Kodama, Y. Kamae, M. Koyanagi, K. Tatewaki, E. Hassaneen, ASM Saifullah, T. Yoshii, A. Terakita and K. Tomioka: Green-sensitive opsin is the photoreceptor for photic entrainment of an insect circadian clock. Zoological Letter 1, 11 (2015)


- 1月 総説が細胞工学に掲載-
小柳光正:「動物の最初の視覚系を探る」 細胞工学 2015年1月(Vol.34 No.1)「1枚の写真館」


【2014】
-11月 寺北教授が分子研研究会(岡崎)にて招待講演
「松果体関連器官の波長識別の分子基盤」

-10月 総説が生体の科学に掲載-
小柳光正:「細胞内情報伝達分子の時空間的に精密な制御」 生体の科学2014年10月号(Vol.65 No.5)「増大特集 生命動態システム科学」

-10月 坂本亘教授(岡山大学資源植物科学研究所)が来研-
●生物分子機能学ゼミナール葉緑体ゲノムの母性遺伝と組織特異的ゲノム分解:植物の多様な生存適応戦略」

-10月 総説がZoological Science.に掲載-
A. Terakita, T. Nagata: Functional properties of opsins and their contribution to light-sensing physiology. Zoological Science 31, 653-659 (2014)

-10月 Klaus Peter Hofman教授(IMPB Charité and BPI HU Berlin, Germany)が来研-
●生分子機能学ゼミナールPrecision and flexibility in G protein-coupled receptor function」

-10月 寺北教授が第16回レチナールタンパク質国際会議(長浜)にて招待講演-
「Molecular basis of wavelength discrimination in the pineal organs of lower vertebrates」 16th International Conference on Retinal Proteins, Nagahama, Japan (2014)

-10月 小柳准教授が第16回レチナールタンパク質国際会議(長浜)にて招待講演-
「Molecular properties of diverse and engineered bistable pigments and their optogenetic potential」 16th International Conference on Retinal Proteins, Nagahama, Japan (2014)

- 9月 研究成果がPLoS ONE誌に掲載-
L. Sun, E. Kawano-Yamashita, T. Nagata, H, Tsukamoto, Y, Furutani, M, Koyanagi and A, Terakita:Distribution of Mammalian-like melanopsin in cyclostome retinas exhibiting a different extent of visual functions. PLoS One 9, e108209 (2014)


- 9月 総説がファルマシアに掲載-
小柳光正,寺北明久:「“非視覚”型光受容タンパク質Opn3とそのGPCR研究への応用」 ファルマシア 50巻9号 「話題」 p893-895 (2014)

- 8月 小柳准教授が日本進化学会第16回大会(高槻)にて招待講演-
「Diversity and evolution of arthropod vision revealed by the molecular basis of jumping spider vision」

- 8月 深田吉孝教授(東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻)が来研-
●生物分子機能学ゼミナール「行動の日周リズムを規定する時計タンパク質の修飾クロノコード」

- 8月 小柳准教授がInternational Society for Behavioral Ecology Conference 2014(ニューヨーク)にて招待講演-
「Wavelength sensitivity and depth perception mechanism in a jumping spider」 International Society for Behavioral Ecology Conference (ISBE2014), NewYork, USA (2014)

- 8月 Evolution of Visual and Non-visual Pigmentsが刊行-
E. Kawano-Yamashita, M. Koyanagi, A. Terakita: The evolution and diversity of pineal and parapineal photopigments. Evolution of Visual and Non-visual Pigments (David M. Hunt et al. Eds., Springer) p1-21 (2014)

- 7月 Satchidananda Panda教授(The Salk Institute, USA)が来研-
●生物分子機能学ゼミナール「Melanopsin expressing retinal ganglion cells in health and disease」

- 7月 生物模倣技術と新材料・新製品開発への応用が刊行-
寺北明久:「ハエトリグモに学ぶ距離測定のメカニズム生物模倣技術と新材料・新製品開発への応用(技術情報協会) pp157-161 (2014)

- 5月 研究成果がJ.Biol.Chem誌に掲載-
Y. Yamazaki, T. Nagata, A. Terakita, H. Kandori, Y. Shichida and Y. Imamoto: Intramolecular interactions that induces helical rearrangement upon rhodopsin activation: Light-induced structural changes in metarhodopsin IIa probed by cysteine S-H stretching vibrations. J. Biol. Chem. 289, 13792-13800 (2014)

- 5月 総説がBiochim. Biophys. Acta誌.に掲載-
M. Koyanagi, A. Terakita: Diversity of animal opsin-based pigments and their optogenetic potential. Biochim. Biophys. Acta 1837 (5), 710-716 (2014)


- 4月 寺北教授らの研究がヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP)のプログラム・グラントにに採択-
「Adapting metazoan opsins for optogenetic applications」

- 3月 寺北教授が学融合プロジェクト「温度感受システムの進化生理学」公開セミナー(葉山)にて招待講演
「光受容タンパク質の多様性と機能:分子特性の解析から分かったこと」

- 1月 研究成果がJ.Biol.Chem誌に掲載-
Y. Yamazaki, T. Nagata, A. Terakita, H. Kandori, Y. Shichida and Y. Imamoto: Mapping of the local environmental changes in proteins by cysteine scanning. Biophysics 10:1-7 (2014)


【2013】
-12月 井上圭一助教(名古屋工業大学/科学技術振興機構 さきがけ)が来研-
生物分子機能学ゼミナール「海洋性の細菌から見つかった光駆動型ナトリウムポンプ」

-12月 上田泰己教授(東京大学医学系研究科/理化学研究所)が来研-
生物分子機能学ゼミナール「個体レベルのシステム生物学の実現に向けて体内の「時間」を理解する」

-11月 総説が工業材料に掲載-
小柳光正,寺北明久:「クモに学ぶピンぼけ量にもとづく距離測定システム」 工業材料 2013年11月号 p48-52

-11月 寺北教授が第6回アジア・オセアニア光生物学会(シドニー)にて招待講演-
「Homologues of vertebrate OPN3 as a potential light-sensor in non-photoreceptive tissue」 The 6th Asia and Oceania Conference on Photobiology, Sydney, Australia (2013)

-11月 小柳准教授が第6回アジア・オセアニア光生物学会(シドニー)にて招待講演-
「Functional diversity of pineal photopigment parapinopsin」 The 6th Asia and Oceania Conference on Photobiology, Sydney, Australia (2013)

-10月 小柳准教授がJST・さきがけ「細胞機能の構成的な理解と制御」に採択-
「光の色を使った細胞内情報伝達因子の時空間的に精密な制御」

- 9月 小柳准教授が日本動物学会奨励賞を受賞-
「分子進化学的・分子生理学的アプローチによる動物の光受容の分子基盤の研究」

- 9月 寺北教授がInternational Symposium Optogenetics 2013(東京)にて招待講演-
「A homologue of vertebrate Opn3 potentially serves as a light-sensor in non-photosensitive tissue with 13-cis retinalInternational Symposium Optogenetics 2013, Tokyo Japan (2013)

- 7月 総説がBiopysics誌に掲載-
T. Nagata, K. Arikawa, A. Terakita: Contribution of a visual pigment absorption spectrum to a visual function: depth perception in a jumping spider. Biopysics 9, 85-89 (2013)

- 6月 須藤雄気教授(名古屋大学大学院理学研究科/分子科学研究所)が来研-
●生物分子機能学ゼミナール「微生物型レチナールタンパク質の理解と利用」


- 4月 山下(川野)絵美博士が比較生理生化学会 吉田奨励賞を受賞-
「光受容タンパク質パラピノプシンを基盤とする松果体の色検出応答の生理学的解析」

- 4月 総説が生物物理に掲載-
永田崇蟻川謙太郎寺北明久:ハエトリグモの奥行き知覚はピンぼけ像を利用する 生物物理 53, 109-110 (2013)

- 3月 研究成果がPNAS誌に掲載-
M. Koyanagi, E. Takada, T. Nagata, H. Tsukamoto, A. Terakita: Homologs of vertebrate Opn3 potentially serve as a light-sensor in non-photoreceptive tissue. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 110 (13) 4998-5003 (2013)

- 2月 小柳准教授が第9回北大若手研究者交流会(札幌)にて招待講演-
「光受容タンパク質の性質と視覚機能の意外な関係」

- 2月 卒業生の永田崇博士が優れた博士論文を提出した若手研究者に与えられる井上研究奨励賞を受賞-
博士論文題目「Molecular physiological study on relationship between the diversity of rhodopsins and molecular basis of vision in the spider ocelli」

- 1月 総説が生物の科学 遺伝に掲載-
小柳光正,寺北明久:「ハエトリグモはピンぼけ像を使って奥行きを知覚する」 生物の科学 遺伝 2013年1月号 67(1) p101-106

- 1月 寺北教授が三重大学COE-Aシンポジウム「色覚・光受容機能の多様性・環境応答とその応用」(津)にて招待講演-
「オプシンと光受容機能の多様性」


【2012年】
-11月 小柳准教授がネイチャー・インダストリー・アワード最高賞を受賞-
「クモに学ぶピンぼけ量にもとづく距離測定システム」

-10月 寺北教授が第15回レチナールタンパク質国際会議(アスコナ)にて招待講演-
「Molecular and functional properties of non-visual opsins」 15th International Conference on Retinal Proteins, Ascona, Switzerland (2012)

- 9月 寺北教授が第50回日本生物物理学会年会(名古屋)にて招待講演-
「レチナールタンパク質の進化と機能多様性」

- 8月 研究室(実験室)引っ越し→C棟6階:C613,C614,C615

- 8月 小柳准教授が日本進化学会第14回大会(東京)にて招待講演-
「光受容タンパク質の分子進化と生理機能との連関」

- 8月 小柳准教授が日本光生物学協会奨励賞を受賞-
「光受容タンパク質に着目した動物の光受容系の進化と多様性の研究」

- 8月 小柳准教授が第17回日本光生物学協会年会(吹田)にて招待講演-
「光受容タンパク質に着目した動物の光受容系の進化と多様性の研究 -ハエトリグモのピンぼけ像に基づく新規奥行き知覚メカニズム-」

- 7月 寺北教授が日本真空学会関西支部&日本表面科学会関西支部合同セミナー2012 「生物に学ぶさまざまな機能 -環境に調和した自然界の知恵-」(神戸)にて招待講演-
「クモに学ぶ新しい奥行き知覚」

- 6月 研究成果がPLoS ONE誌に掲載-
S. Wada, E. Kawano-Yamashita, M. Koyanagi, A. Terakita: Expression of UV-Sensitive Parapinopsin in the Iguana Parietal Eyes and Its Implication in UV-Sensitivity in Vertebrate Pineal-Related Organs. PLoS One. 7(6):e39003. (2012)

- 4月 古谷祐詞 先生(自然科学研究機構分子科学研究所、総合研究大学院大学物理科学研究科、JST・さきがけ)
が来研-
●生物分子機能学ゼミナール「タンパク質のまちがい探し~赤外吸収差スペクトル法とは?~


- 3月 研究成果がBiochemistryに掲載-
K. Sakai, Y. Imamoto, C.Y. Su, H. Tsukamoto, T. Yamashita, A. Terakita, K.W. Yau, Y. Shichida: Photochemical Nature of Parietopsin. Biochemistry. 6;51(9):1933-1941. (2012)

- 2月 総説がWIREs Membr Transp Signaに掲載-
A. Terakita, E. Kawano-Yamashita, M. Koyanagi: Evolution and diversity of opsins. WIREs Membr Transp Signal. 1:104–111 (2012)

- 2月 総説がライフサイエンス 新着論文レビュー(First Author's)に掲載-
永田崇、小柳光正、寺北明久:ピンぼけ像を利用したハエトリグモの奥行きの知覚 ライフサイエンス 新着論文レビュー 2012年2月29日

- 1月 研究成果がScience誌に掲載-
T. Nagata, M. Koyanagi, H. Tsukamoto, S. Saeki, K. Isono, Y. Shichida, F. Tokunaga, M. Kinoshita, K. Arikawa, A. Terakita: Depth perception from image defocus in a jumping spider. Science. 335: 469-71 (2012) →AbstractFull TextReprint
 
→「Comment in Science (335: 409-10, 2012)」で紹介
 →共同通信/朝日新聞/読売新聞/日経新聞/産経新聞/National Geographic/Science NOW/New Scientist/The New York Times等でも紹介 詳細は業績リストへ


【2011年】
-10月 高橋勇輔博士(University of Oklahoma Health Sciences Center)が来研-
●生分子機能学ゼミナール「Enzymatic properties of isomerohydrolase and its functional diversity」

- 9月 寺北教授が第82回日本動物学会(札幌)にて招待講演-
「視物質の吸収特性が生み出す意外な視覚機能:ハエトリグモのピンぼけ像による奥行き知覚」

- 8月 Enrico Nasi教授(Universidad Nacional de Colombia)が来研-
●生分子機能学ゼミナール「Phototransduction schemes: Beyond the traditional vertebrate-invertebrate dichotomy」

- 8月 Shaun P. Collin教授(The University of Western Australia)が来研-
●生分子機能学ゼミナール「A window to an ancient environment: Visual and non-visual
photoreception in lampreys」

- 7月 寺北教授が第5回アジア・オセアニア光生物学会(奈良)にて招待講演-
「Diversity of opsin-based photopigments in non-visual function」 The 5th Asia and Oceania Conference on Photobiology, Nara, Japan (2011)

- 7月 Shozo Yokoyama教授(Emory University)が来研-
●生物分子機能学ゼミナール「Synthesis of experimental molecular biology and evolutionary biology」

- 6月 小柳准教授が第8回国際比較生理生化学会議(名古屋)にて招待講演-
「Diversity and evolution of opsin-based pigments in non-visual function」 8th International Congress of Comparative Physiology and Biochemistry, Nagoya, Japan (2011)

- 3月 寺北教授が大阪市立大学・大阪バイオサイエンス研究所研究交流会(大阪)にて招待講演-
「光受容タンパク質の進化と機能多様性」

- 3月 総説が細胞工学に掲載-
小柳光正、寺北明久:Special Review 「視覚の分子基盤の進化・多様性:動物の多様なロドプシンとシグナル伝達系の比較から何がわかるか」 細胞工学 30 (3) 2011年3月号 p288-294 詳細はこちらから

- 3月 嘉糠洋陸教授(基礎獣医学研究部門/原虫病研究センター教授)が来研-
●生物分子機能学ゼミナール「病原体を媒介するハエのバイオロジー」

- 1月 研究成果がPLoS ONE誌に掲載-
E. Kawano-Yamashita, M. Koyanagi, Y. Shichida, T. Oishi, S. Tamotsu, A. Terakita: Beta-arrestin functionally regulates the non-bleaching pigment parapinopsin in lamprey pineal. PLoS ONE 6(1):e16402 (2011)


【2010年】
-11月 総説がPhotobiological Sciences Onlineに掲載-
T. Nagata, M. Koyanagi, A. Terakita: Molecular Evolution and Functional Diversity of Opsin-Based Photopigments. Photobiological Sciences Online http://www.photobiology.info/ (2010)

-11月 総説がPhotochem. Photobiol. Sci.に掲載-
H. Tsukamoto, A. Terakita: Diversity and functional properties of bistable pigments. Photochem. Photobiol. Sci. 9(11):1435-1443 (2010)

-11月 研究成果がPLoS ONE誌に掲載-
M. Wakakuwa, A. Terakita, M. Koyanagi, D.G. Stavenga, Y. Shichida, K. Arikawa: Evolution and mechanism of spectral tuning of blue-absorbing visual pigments in butterflies. PLoS ONE 5(11):e15015 (2010)

-10月 佐甲靖志理化学研究所主任研究員が来研-
●生物分子機能学ゼミナール「細胞膜情報処理蛋白質の1分子動態」

- 9月 小柳講師が第81回日本動物学会(東京)にて招待講演-
「松果体における色識別と光受容タンパク質の進化・多様性」

- 9月 小柳講師が第82回日本遺伝学会(札幌)にて招待講演-
「光受容タンパク質の多様性と光受容システムの進化」

- 8月 寺北教授が第14回レチナールタンパク質国際会議(サンタクルーズ)にて招待講演-
「Functional characterization of non-visual bistable pigments」 14th International Conference on Retinal Proteins, Santa Cruz, USA (2010)

- 6月 Samer Hattar教授(Johns Hopkins University)が来研-
●生物分子機能学ゼミナール「Rod photoreceptor retinal circuits impinge on melanopsin ipRGCs for influencing circadian photoentrainment」

- 3月 寺北教授が分子研研究会「拡がるロドプシンの仲間から“何がわかるか” “何をもたらすか”」(岡崎)にて招待講演-
「動物の多様なロドプシンとシグナル伝達系の比較解析から何がわかるか」

- 1月 研究成果がJ. Biol. Chem.誌に掲載-
H. Tsukamoto, A. Terakita, Y. Shichida: A pivot between helices V and VI near the retinal binding site is necessary for activation in rhodopsins. J. Biol. Chem. 285. 7351-7357 (2010)


- 1月 研究成果がJ. Comp. Physiol.誌に掲載-
T. Nagata, M. Koyanagi, H. Tsukamoto, A. Terakita: Identification and characterization of a protostome homologue of peropsin from a jumping spider. J. Comp. Physiol. A 196. 51-59
(2010)



【2009年】
-12月 Klaus Peter Hofmann教授(Charité - Universitätsmedizin Berlin)が来研-
●生物分子機能学ゼミナール「Signal transfer from receptor to G protein: Insights from spectroscopic and structural studies on rhodopsin」

-11月 津田基之教授(徳島文理大学)が来研-
●j生物分子機能学ゼミナール「ホヤによるシステムバイオロジーの構築 ―光受容から筋肉の駆動まで―」

-10月 Detlev Arendt教授(EMBL)が来研-
●生物分子機能学ゼミナール「Evolution of eyes and photoreceptor cells in animals」

-10月 神取秀樹教授(名古屋工業大学)が来研-
●生物学科セミナー「ロドプシンを究める、ロドプシンをつくる、ロドプシンでつくる」

-10月 寺北教授が第82回日本生化学会(神戸)にて招待講演-
「光受容GPCRロドプシン類の分子特性と機能の多様性」

- 9月 寺北教授が平成21年度日本動物学会賞を受賞-
「ロドプシン類と光情報伝達系の多様性・進化に関わる分子生理学的研究」

- 9月 寺北教授が第13回ヨーロッパ光生物学会(ブロツワフ)にて招待講演-
「Diverged members of rhodopsin family - molecular properties and functions. I – Introduction」 13th Congress of the European Society for Photobiology, Wroclaw, Poland (2009)

- 9月 小柳講師が第13回ヨーロッパ光生物学会(ブロツワフ)にて招待講演-
「Diverged members of rhodopsin family - molecular properties and functions. II - A new member from jellyfish」 13th Congress of the European Society for Photobiology, Wroclaw, Poland (2009)

- 9月 小柳講師が生理学研究所研究会「光を用いた神経活動の操作」(岡崎)にて招待講演
「多様なロドプシン類の性質と光スイッチへの適性」

- 6月 寺北教授がFASEB Summer Research Conferences(コロラド)にて招待講演-
「Molecular and functional properties of non-visual bistable pigments」 FASEB Summer Research Conferences The Biology and Chemistry of Vision, Snowmass Village, USA (2009)

- 6月 研究成果がJ. Biol. Chem.誌に掲載-
H. Tsukamoto, D.L. Farrens, M. Koyanagi, A. Terakita: The magnitude of the light-induced conformational change in different rhodopsins correlates with their ability to activate G proteins. J. Biol. Chem. 284, 20676-20683 (2009)

- 4月 動物の多様な生き方 第一巻 「見える光,見えない光:動物と光のかかわり」 (日本比較生理生化学会編、寺北明久・蟻川謙太郎編集、共立出版)が刊行- 詳細はこちらから

- 1月 研究成果がPhotochem. Photobiol.誌に掲載-
T. Morizumi, N. Kimata, A. Terakita, Y. Imamoto, T. Yamashita, Y. Shichida: G protein subtype specificity of rhodopsin intermediates metarhodopsin Ib and metarhodopsin II.. Photochem. Photobiol. 85, 57-62 (2009)


【2008年】
-12月 寺北教授が第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同年会
(神戸)にて招待講演-
「Comparative study on visual and non-visual pigments in vertebrate retina」

-11月 小柳講師が第4回アジア・オセアニア光生物学会(インド)にて招待講演-
「Diversity and evolution of the animal phototransduction cascade. 4th Asia and Oceania Conference on Photobiology」 Varanasi, India (2008)

-11月 塚本博士が第4回アジア・オセアニア光生物学会(インド)にて招待講演-
「Comparative Comparative study on conformational changes of vertebrate and invertebrate-type rhodopsins using site-directed fluorescence labeling」 4th Asia and Oceania Conference on Photobiology, Varanasi, India (2008)

-10月 研究成果がPNAS誌に掲載-
M. Koyanagi, K. Takano, H. Tsukamoto, K. Ohtsu, F. Tokunaga, A. Terakita: Jellyfish vision starts with cAMP signaling mediated by opsin-Gs cascade. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 105, 15576-15580 (2008) →「This Week in PNAS」で紹介
 →“人間の目はクラゲが起源? 光とらえるしくみそっくり”共同通信 2008年9月16日
 →“視覚、クラゲから?”/ 朝日新聞 2008年10月6日


- 9月 寺北教授が第79回日本動物学会「光受容システムの普遍性と特殊性~似て非なるニューロンの比較解析から見えてくるもの~」(福岡)にて招待講演-
「無脊椎動物と脊椎動物との光受容細胞の情報伝達システムの比較」

- 9月 寺北教授が理研シンポジウム「細胞・発生研究への数理科学的アプローチ」先端研究か探るアクションプラン(神戸)にて招待講演-
「ロドプシン類のシグナル伝達の多様性と生命システムの摂動への応用の可能性」

- 7月 総説がPhotochem. Photobiol.誌に掲載-
M. Koyanagi, A. Terakita: Gq-coupled rhodopsin subfamily composed of invertebrate visual pigment and vertebrate melanopsin. Photochem. Photobiol. 84, 1024-1030 (2008)

- 7月 研究成果がJ. Neurochem.誌に掲載-
T. Yamashita, A. Terakita, T. Kai, Y. Shichida: Conformational change of the transmembrane helices II and IV of metabotropic glutamate receptor involved in G protein activation. J. Neurochem. 106, 850-859 (2008)

- 7月 研究成果がJ. Comp. Neurol.誌に掲載-
T. Horie, D. Sakurai, H. Ohtsuki, A. Terakita, Y. Shichida, J. Usukura, T. Kusakabe, M. Tsuda: Pigmented and nonpigmented ocelli in the brain vesicle of the ascidian larva. J. Comp. Neurol. 509, 88-102 (2008)

- 5月 総説が時間生物学会誌に掲載-
寺北明久:メラノプシン:無脊椎動物視物質との進化的関連 時間生物学 14, 21287 (2008)

- 5月 寺北教授が山田財団研究交歓会(東京)にて招待講演-
「眼外光受容における“色検出”に関わる光受容タンパク質の機能解析」

- 5月 研究成果がJ. Neurochem.誌に掲載-
A. Terakita, H. Tsukamoto, M. Koyanagi, M. Sugahara, T. Yamashita, Y. Shichida: Expression and comparative characterization of Gq-coupled invertebrate visual pigments and melanopsin. J. Neurochem. (2008)

- 4月 総説が比較生理生化学会誌に掲載-
小柳光正:オプシンファミリーの分子進化と機能多様性 比較生理生化学 25, 50-57 (2008)


- 2月 研究成果がJ. Mol. Evol.誌に掲載-
M. Koyanagi, T. Nagata, K. Katoh, S. Yamashita, F. Tokunaga: Molecular evolution of arthropod color vision deduced from multiple opsin genes of jumping spiders. J. Mol. Evol. 66, 130-137 (2008)



【2007年】
-11月 研究成果がFEBS Lett.誌に掲載-
M. Torii, D. Kojima, T. Okano, A. Nakamura, A. Terakita, Y. Shichida, A. Wada, Y. Fukada: Two isoforms of chicken melanopsins show blue light sensitivity. FEBS Lett. 581, 5327-5331 (2007)


-11月 研究成果がJ. Exp. Biol.誌に掲載-
E. Kawano-Yamashita, A. Terakita, M. Koyanagi, Y. Shichida, T. Oishi, S. Tamotsu: Immunohistochemical characterization of a parapinopsin-containing photoreceptor cell involved in the ultraviolet/green discrimination in the pineal organ of the river lamprey Lethenteron japonicum. J. Exp Biol. 210, 3821-3829 (2007)

-11月 寺北教授が東京大学海洋研究所共同利用研究集会「魚類の適応と進化の統合生物学:遺伝子から行動まで」(東京)にて招待講演-
「円口類と硬骨魚類の松果体における“色”検出機構とオプシンの多様性」

-10月 Robert Lucas教授(University of Manchester)が来研-
●生体分子機能学ゼミナール「The form and function of mammalian inner retinal photoreceptor」

- 8月 小柳講師が第9回日本進化学会「眼の起源と進化」(京都)にて招待講演-
「オプシンから見た光受容システムの進化」

- 8月 寺北教授が第7回国際比較生理生化学会(ブラジル)にて招待講演-
「Comparative characterization of bistable pigments in visual and non-visual photoreception」 7th International Congress of Comparative Physiology and Biochemistry, Salvador, Brazil (2007)

- 7月 永田崇さん(大学院生)が第29回日本比較生理生化学会(岡山)にて、最優秀ポスター賞を受賞-

- 1月 小柳講師が東京大学海洋研究所共同利用研究集会「脊索動物の進化と脊椎動物の起源」(東京)にて招待講演-
「ナメクジウオが語る脊椎動物の光受容系の進化」


【2006年】
-11月 寺北教授が大阪大学蛋白研セミナー「先進的膜蛋白質研究:ロドプシン・GPCRの世界」(吹田)にて招待講演-
「ロドプシンファミリーの多様性」

-10月 総説が生体の科学に掲載-
塚本寿夫、寺北明久、七田芳則:ロドプシン類の分子進化 生体の科学 57, 500-501 (2006)

- 7月 小柳講師が比較生理生化学会 吉田奨励賞を受賞-
「光受容タンパク質の機能多様性の生理生化学的、進化学的研究」

- 5月 寺北教授が第12回レチナールタンパク質国際会議(淡路島)にて招待講演-
「Expression and characterization of diverged bistable pigments in rhodopsin family」 12th International Conference on Retinal Proteins, Awaji, Japan (2006)

- 6月 Leonid S. Brown教授(University of Guelph)が来研-
●生体分子機能学ゼミナール「Photobiophysics of Novel Ion Pumps and Photosensors」

- 6月 David L. Farrens教授(Oregon Health & Science University)が来研-
●生体分子機能学ゼミナール「Activation and Attenuation of G-Protein Coupled Receptors: Insights and Mysteries」

- 5月 寺北教授が第10回米国生体リズム学会(フロリダ)にて招待講演-
「Characterization of melanopsin: Insight into evolutionary linkage between vertebrate circadian and invertebrate visual pigments」 10th Meeting Society for Research on Biological Rhythms, Florida, USA (2006)


- 3月 研究成果がScience誌に掲載
C.-Y. Su, D.-G. Luo,
A. Terakita, Y. Shichida, H.-W. Liao, M. A. Kazmi, T. P. Sakmar and K.-W. Yau: Parietal-eye phototransduction components and their potential evolutionary implications. Science 311, 1617-1621 (2006)

- 3月 研究成果がBiochemistry誌に掲載-
T. Ota, Y. Furutani, A. Terakita, Y. Shichida and H. Kandori: Structural changes in the Schiff base region of squid rhodopsin upon photoisomerization studied by low-temperature FTIR spectroscopy. Biochemistry 45, 2845-2851 (2006)

- 1月 総説が比較生理生化学会誌に掲載 -
寺北明久:アゴニストである全トランス型レチナールの結合能を持つロドプシン:光受容蛋白質の多様性とGPCR研究への展開 比較生理生化学 23, 3-9 (2006)


▲このページのトップへ


All Rights Reserved, Copyright (c) 2006 Graduate School of Science/Faculty of Science,Osaka City University