Research(English)

研究内容

有機化学は,有機化合物(炭素を含む化合物)の合成,性質についての研究を目的とする化学の分野であり,現代社会を支える根幹に関わる基礎的な学問です.これまで先達が切り開いてきた基礎的な研究成果をもとに大きく進歩してきましたが,一見単純な有機変換反応でも未だに解決できない問題を含んでおり,万能な方法はありません.近年,科学技術は急速に進歩していますが,私たち有機化学者には挑戦的で魅力的な課題がまだまだ溢れており,純粋に学問としての面白さの探求とその成果を社会へと還元する使命が研究の動機となっています.私たちは,他分野との融合により広がりを見せる有機化学の中で,遷移金属触媒を使った新しい反応の開発と不斉合成反応への展開を柱として,これまで独自性にこだわりながら革新的な有機化学反応の開発をめざして研究しています.

高原子効率型反応開発と触媒的不斉合成

原料に含まれる原子ができるだけ多く生成物に取り込まれるような高原子効率型の反応は,有機合成プロセスににおける理想的な反応である.我々は,有機化合物のC–H結合を活性化して,アルケン類へ触媒的に付加させる反応の開発を行っている.特に,光学活性化合物の合成を指向した反応開発を目的としている.

不斉配位子の開発:キラルジエン

我々は,テトラフルオロベンゾバレレン骨格を持つ新しいキラルジエン配位子を開発し,それ用いたロジウムやイリジウム触媒による様々な不斉反応を見つけている.未だキラルジエン配位子は発展途上であり,新しい触媒的不斉合成反応における新たな機能が期待できる.

ケイ素の特性を利用した合成反応の開発と合成

不安定な反応活性種であるα-シリルカチオンを利用した合成反応を開発し,それを活用した生物活性天然物合成を行っている.

大阪市立大学 理学研究科・理学部
物質分子系専攻・化学科
精密有機化学研究室

Fine Organic Chemistry Laboratory
The Nishimura Group
Department of Chemistry,
Graduate School of Science,
Osaka City University
3-3-138 Sugimoto Sumiyoshi-ku,
Osaka 558-8585, Japan

Copyright © Osaka City University
Fine Organic Chemistry Laboratory
All rights reserved.
トップへ戻るボタン