MOLECULAR CONVERSION LABORATORY

T. Shinada Prof. Tetsuro Shinada(品田哲郎)

〒558-8585 大阪市住吉区杉本3−3−138
大阪市立大学大学院理学研究科
物質分子系専攻 分子変換学研究室
Tel: 06-6605-2570, Fax: 06-6605-3153
e-mail: shinada(at)sci.osaka-cu.ac.jp

1987:摂南大学薬学部・卒業(三木卓一教授、熊懐綾丸教授)
1989:神戸女子薬科大学大学院修士課程・修了
1992:神戸女子薬科大学大学院後期博士課程・修了
(博士・薬学 二宮一彌教授、内藤猛章教授、宮田興子教授)
1992: テキサスA&M大学化学科・博士客員研究員(Professor Sir Derek H. R. Barton)
1994:サントリー生物有機科学研究所・博士客員研究員 (中嶋暉躬所長)
1996: 大阪市立大学理学部物質科学科・講師 (大船泰史教授)
2004:大阪市立大学大学院理学研究科物質分子系専攻・准教授
2010: 同・教授

<受賞>

<兼職>

<研究室の方針>  3つのコウ学歴(恒学歴・向学歴・好学歴)をここで積み上げてほしい。そんな思いで以下の方針を立てています。

  • 研究を楽しむ
  • 作ることが役に立つことにつながる
  • 新しい発見の瞬間を分かち合う
  • 成長を実感できる場所とする
  • 安全に健康的に実験する
  • 継続は力なり
  • なんでもやってみる
  • うまくいかないことから何かを拾い上げる
  • 刈り取るよりは種をまく
  • <研究の方向性>

  • 一言でいえば「有機合成を駆使して生命科学に打って出る」
  • 難しいものをより簡単に作る:最近、生体触媒(酵素)と有機合成の組み合わせによる、複雑分子を効率的に合成する研究を開始しました。面白い展開を見せつつあります。
  • 知識の交流(共同研究)から新しい価値観を引き出す:生命化学系の先生方と10件以上。企業とも共同研究をしてます。私たちが積み上げてきた有機化学の技と知識が共同研究の発展に役立つことがとても楽しいと思っています。

    <配属前の学生さんへ>

    モノづくりが好きな人、作ったものが役立つことがなんか面白そうだと考えている人、大学院から研究室を希望する方も歓迎。一人一人の力に合わせて指導します。

    <研究室に入ったら>

    はじめは準備期間ということで有機化合物の扱い方、作り方、解析法を学びます。後期から本格的な研究課題に取り組みます。9:45分には研究を始めます。一日の終わりは、皆さんのアルバイトの都合や実験の進み具合によってまちまちです。それぞれの予定にあわせて、日々の目標をお互いに確認しながら研究を進めれば、自然と結果が積み上がるものと思います。

    報告会や論文紹介の他に、20年近く続けている輪読会があります。英語で論文を読み、和訳、内容の解説します。教員も輪読に参加します。最初は難しいのですが、こつこつやっていくうちに知識が身についてきます。日々、英語を読み聞く環境が用意されてことは自分が若いころには考えられなかったことです。

    学年が進むにつれ自分で考えながら研究を進めていきます。壁にぶつかることもありますが、相談しながら解決の道を探ります。しっかりとサポートしていきます。

    <卒業後の進路>

    卒業生の多くがアカデミックや企業で活躍しています。アカデミックには、九州大学、北海道大学・徳島大学・北里大学・大阪市立大学、徳島文理大学、神奈川大学、サントリー生物有機科学研究所に人材を輩出しています。博士号を取得した学生は、ハーバード大学、コロラド州立大学、シカゴ大学、スクリプス研究所、オクラホマ大学に留学しています。修士を卒業した学生は、化学メーカー・製薬系企業に巣立っていきます。

     大学は成長の通過点。むしろ外に出てから長く活躍してほしい。そのために背中を押すことが私たちの役割です。