化学セミナー/先端科学研修とは

2017年チラシ画像ちらしファイル(PDF)

大阪市立大学理学部化学科では、高校生に化学の面白さを味わっていただくための活動の一環として、「大阪市立大学化学セミナー/高校生のための大阪市立大学先端科学研修 〜化学の世界に触れる〜」を毎年夏休み期間中に開催しています。この化学セミナーは2004年から始まり、毎年、高校生、予備校生、化学を教えている先生など、化学に興味のある方を対象に行っています。今年で12回目の開催となります。高校で習う化学の内容を、少しだけ高い位置から眺めてみようというのがこの「化学セミナー/高校生のための大阪市立大学先端科学研修 ~化学の世界に触れる~」の趣旨です。2012年より先端科学研修と合同開催の形式となり、現在の形となりました。日頃、大学で化学を教えている先生が、皆さんを少し高い丘へとご案内します。

この「化学セミナー/高校生のための大阪市立大学先端科学研修 〜化学の世界に触れる〜」は主に高校2年生向けにお話ししますが、高校3年生や化学を教えている先生方にも役立つと思います。また、少し背伸 びしてみたい高校1年生も大歓迎です。  毎回3つのテーマ(A、B、C)についてお話ししますが、各テーマは独立していますので、どれか1つだけの受講でも十分楽しんでいただけます。是非、参加してみて下さい。大阪市立大学の雰囲気も感じられると思います。化学に興味のある皆様のご参加をお待ちしています。 また、大阪市立大学の施設見学も行う予定です。ご希望の方はその旨を申込みの際にお知らせ下さい。


キャンパスの駐車場はご利用できません。お車でお越しの場合は駅周辺の有料駐車場をご利用ください。


日時:2017年7月29日(土)

Aコース 午前9時00分〜午前10時00分

「超」分子と分子マシン

写真

化学科 教授 篠田 哲史(定員100名)

 分子どうしは共有結合よりももっと弱い結合を使ってお互いにくっついたり、働きあったりします。弱い結合や分子の形をうまく利用して、分子を自由に動かしたり、複雑な形を作り出したりできます。分子を「超」えた、超分子の化学とともに、2016年度のノーベル化学賞にもなった「分子マシン」について紹介します。

高校化学との関連: 水素結合、錯イオン、化学平衡

Bコース 午前10時10分〜午前11時10分

100年前のナノ科学 -近代原子論の衝撃-

写真

化学科 准教授 迫田 憲治(定員100名)

 「全てのものは原子からできている。」今では誰でも知っているこの事実は、約100年前に確立されました。でも、どうやって??原子を直接見ることのできる装置がなかった100年前に、どうして科学者たちは原子や分子の存在を確信できたのでしょう。この講演では、皆さんに原子論確立のドラマと現代まで続く原子論の衝撃をご紹介します。

高校化学との関連: 気体の性質、化学反応のしくみ、化学結合

Cコース 午前11時20分〜午前12時20分

プロの化学構造式の書き方教えます! ~身の回りの化学物質を書いてみよう~

写真

化学科 助教 西川 慶祐(定員100名)

 高校化学で習う化学構造式の書き方とは一味違う、大学でのプロの構造式の書き方を、誰にでも分かるようにレクチャーします。私たちの身の回りの、特に化学構造が面白い化合物を色々と紹介するのと同時に、それらの構造を実際に書いてみましょう。色々な物事を分子レベルで考える、有益な機会になると思います。

高校化学との関連: 有機化合物の構造・表示・異性体、脂肪族炭化水素と脂環式炭化水素、芳香族炭化水素、天然物化学


  • Back