現象の本質をみつめる 現象間の関係性を考える

教育

学部学生(合計18名)

前期日程:12名;後期日程:3名;推薦:3名

少人数教育(専任教員数12名)の利点を生かしたきめ細かい指導によって,専門知識と応用能力を高いレベルで修得できます.とくに「古生物学」,「地球史学」,「宇宙地球微古生物学」を学びたい学生には,地球の過去や現在の状況を「時間軸」の中で学際的に認識するための基礎知識と応用能力が求められます.ものごとの基本原理を理解したい人,素朴な疑問やこだわりを持ち,自ら考えを推し進めれる人,並々ならぬ集中力のある人が向いています.研究対象への飽くなき興味と愛情はもっとも大切です.

学部生活

少なくとも学部1,2回生の間は,幅広い知識の習得が必要です.好きな分野のみならず,苦手の分野を克服するためにも重要な時期です.専門の講義・実験・研究には,語学力(とくに英語)が不可欠です.受験英語で十分ですので,英語の文法の修得に努めて下さい.実際の研究の様子をみたり,研究発表の場に参加することは可能ですので,希望する人は申し出て下さい.最終的に選択できることには限りがありますが,多くの知識や知恵があれば,より良い選択が可能になるはずです.

大学院学生

他大学からの大学院受験者を歓迎します!

平成31(2019)年度 大学院前期博士課程(修士課程)

過去の他大学受験生校名:大阪教育大学,広島大学,九州大学(生物学科),和歌山大学,奈良女子大学,桐朋学園大学(音楽学科),信州大学,大阪大学(数学科),高知大学,鳥取環境大学

平成31(2019)年度 大学院後期博士課程(博士課程)
問い合せ先
学生サポートセンター理学研究科教務担当
TEL: 06-6605-2504, FAX: 06-6605-3649
募集要項や出願書類を希望の方は
大阪市立大学大学運営本部入試室
TEL: 06-6605-2141

※過去に出題された問題等は,学生サポートセンター(理学研究科教務担当)で閲覧・コピーが可能です.

担当科目

学部

大学院

トップページへ戻る