直線上に配置
2006年3月 interRad11 ニュージーランド
千葉大学で開催された,日本古生物学会
江崎研の,江ア先生,徳田氏,千徳の3名が発表
しました.その際の写真をご紹介します.


千葉大学の門にて

今回の学会も大勢の方が参加しておられました
まずは,徳田さんです!タイトルは
『単体六射サンゴTruncatoflabellum属の
          無性増殖様式と生活史の解明』です

江ア先生です.タイトルは
『サンゴにおける生き延びるための無性増殖様式
−骨格記録からの古生物学的な洞察−』 です 
千徳の発表タイトルは
『非造礁性群体六射サンゴTubastraea coccinea
の出芽で見られる規則性と成長形態』でした

以上,今回の江ア研はサンゴ三連発の発表でした★
その後は東京近辺の水族館をめぐりをし,
非造礁性サンゴ
見物をしました






(エプソン品川アクアスタジアムにて撮影)
非造礁性サンゴの生体は鮮やかな色のものが
多く大変美しいです

(葛西臨海水族園にて撮影)

ここにも居ました!
どこの水族館もきれいに展示していますね


(しながわ水族館にて撮影)



こんな感じで,今回の学会発表も大変有意義でした★

トップ アイコン
トップページヘもどる