地球史学研究室メンバーが修士論文発表会と卒業論文発表会で講演を行いました.
以下ではその様子を少しだけお見せします.
2006年3月 interRad11 ニュージーランド 
直線上に配置

トップ アイコン
トップページヘもどる

11:45-12:00

住好由衣

非造礁性単体サンゴの生態変動と光周性
13:00-13:15

浅田雄哉

中国江西省修水におけるペルム紀末の生物大量絶滅直後の微生物岩形成様式と形成環境
13:15-13:30

小谷綾香

中国山東省長清地域に特徴的な中部カンブリア系微生物炭酸塩岩の組成と構造

卒業論文発表会です.浅田くん,小谷さん,住吉さんが発表しました.
卒業論文発表会です.浅田くん,小谷さん,住吉さんが発表しました.
14:00 - 14:20
上田聡美
UEDA Satomi

特異な場所で生育する
造礁性六射サンゴOulastrea crispate
(キクメイシモドキ) の
骨格構成と無性増殖様式

Skeletal construction and asexual modes of reproduction of zooxanthellate scleractinian
Oulastrea crispate inhabiting specific conditions
14:20 - 14:40
大野理恵
OHNO Rie

シミュレーションを用いた非造礁性群体六射サンゴの形態解析

Morphological analysis of azooxanthellate Scleractinia using computer simulation
15:00 - 15:20
南 翔平
MINAMI Syohei

和歌山県由良町地域に分布する鳥巣式石灰岩を構成する微生物類の特性と
厚歯二枚貝―微生物礁の形成

Characteristics of microencrusters and the construction of rudistid-microbial reefs in
the Torinosu-type Limestone from the Yura area, Wakayama Prefecture
14:40 - 15:00
垣内一秀
KAKIUCHI Kazuhide

非造礁性単体六射サンゴ(Flabellum)骨格の構造特性ならびに
同位体・微量元素分析
―古環境復元にむけて―

Structural characteristics as well as isotopic and trace element analyses of
azooxanthellate solitary scleractinian (Flabellum) : clues for palaeoenvironmental
reconstruction
15:20 - 15:40
米谷奈々
YONETANI Nana

四国東部,淡路島,和泉山脈における上部白亜系和泉層群の砂岩組成と
その堆積テクトニクス上の意義

Sandstone petrography of the Upper Cretaceous Izumi Group, eastern Shikoku,
Awaji-shima Island and Izumi Mountains, southwestern Japan and its implications in
sedimentary tectonics
博士課程中間発表会

別所孝範

発表終了!いい笑顔ですね.お疲れ様でした.

発表終了!みなさん,お疲れ様でした.

ご指導ありがとうございました!
今後もよろしくおねがします! by 卒論生,修論生一同