大学トップ > 理学研究科・理学部トップ > 生物地球系専攻 > 講座紹介


教育理念
専攻の特徴
講座紹介
生物分子機能学
生体機能生物学

自然誌機能生物学
環境地球学
地球物質進化学
教員一覧
学位審査基準
博士号取得者一覧
進路
入試情報
大学院生募集
問い合わせ先


 教員公募

 専攻内情報
就職情報

生物学科
地球学科
理学研究科・理学部トップ
大学トップ
生物分子機能学

広 く動物、植物、微生物を対象にして、それらが生産する機能高分子化合物(酵素蛋白、糖質)および機能低分子化合物(抗生物質などの2次代謝産物)の分離精製、構造解析、諸性質の解明、構造と機能の関連性、そして、それら生体物質の代謝調節に果たす役割について教育研究を行う。これによって、諸生命現象に関 わる生体物質の果たす役割を分子レベルで考察するとともに、研究成果の有用性についても検討を加え、大学院教育を推進する。

教員 研究テーマ
田中俊雄 カビの生育を制御する生理活性物質
寺北明久 シグナル伝達タンパク質の構造と機能の多様性
  増井良治  DNA 修復と翻訳後修飾の分子機構 
伊藤和央 酵素の構造・機能相関と調節およびその応用
藤田憲一 細胞骨格を標的とする生理活性物質
小柳光正 光受容タンパク質の構造と機能の多様性
  山口良弘 細菌の自殺遺伝子制御機構 
    #兼任 (所属:複合先端研究機構) 

生体機能生物学

生体の機能を細胞から固体に至る種々のレベルで多角的に教育研究する。動物機能学と植物機能学分野においては、成長、発生における多細胞の動物と植物に固有の機能を対象にして研究を進める。具体的には、動物生殖細胞の形成、動物初期発生における細胞間相互作用、植物組織の成長と分化の植物ホルモン及び環境要因による制御の研究が挙げられる。一方、細胞機能学の分野では、原核、真核微生物を用い、細胞増殖の制御機構を細胞・ゲノムの複製、栄養増殖から有性生殖への転換過程などについて細胞およびそれ以下のレベルでの研究をする。3つの教育研究分野は綿密な情報交換を行い、相互に有機的な関連を保持しつつ教育研究を推進する。

教員 研究テーマ
保尊隆享 植物の成長調節および環境応答機構
宮田真人 マイコプラズマ滑走運動のメカニズム
中村太郎 分裂酵母有性生殖の分子メカニズム
小宮 透 動物発生の分子生物学
若林和幸 植物細胞壁の構造と機能
曽我康一 環境要因による植物の成長と形態形成
水野寿朗 中胚葉誘導における細胞間相互作用


自然誌機能生物学

自然誌は自然界の記載を多様なレベルで蓄積し、生理学・行動学・生態学・分類学の基礎を築いてきた。自然誌機能生物学はこれらを包含する総合的視点に立ち、 以下のような教育研究を進める。生物が地球上の環境変化に適応する際の環境情報の受容機構および伝達・処理機構の解明、個体・個体群・群集の各レベルでみられる構造と機能に関する法則性や環境との相互作用の解明、進化の道筋としての系統や種分化機構および生物多様性の解明、生物資源および遺伝子資源の保存研究等である。

教員 研究テーマ
飯野盛利 植物の環境応答、光応答、成長制御
幸田正典 脊椎動物の行動生態学と認知行動学
伊東 明 植物の更新過程と多種共存機構
後藤慎介 動物の季節適応の生理学
植松千代美 花の色と形の分子生物学
名波 哲 植物の性表現と個体群維持機構
安房田智司
  厚井 聡 植物の多様性と適応進化
  渕側太郎   


環境地球学

教育研究の視点を現在の地球表層に焦点をおいて、人類および生物に深く関連する地質環境要素を抽出し、これらの精密計測による定量的評価を行い、分類、系 統化、モデル化することによって環境の変遷と物質の挙動との関連を解析する。さらに、吟味されたモデルから、境界条件を設定し、過去の状態を解析するとと もに、未来の地球環境を予測するための教育研究を行う。

教員 研究テーマ
升本眞二 地質情報の定式化と表現方法
三田村宗樹 都市地質学:大阪平野の地盤特性
山口  地震発生域(断層・スラブ周辺)の構造・状態
原口 強 地質工学:地質災害とヒューマンインパクト
井上 淳 第四紀地質学人と自然の相互関係史
根本達也 地質情報の利活用方法


地球物質進化学

地球を構成する物質の進化を46億年の地球の歴史の中で考察する。研究対象は主として固体地球のマントル上部と地殻を含む地球表層部であるが、地球下層部や水圏・気圏・生物圏の影響も考察 の対象である。地球物質の進化を同位体・原子・鉱物レベルで考察する地球物質学、岩石・岩体レベルで考察する岩石学、および表成岩類や古生物の形成・変位や進化過程から研究教育する地球史学から成る。

教員 研究テーマ
前島 渉 砕屑物の堆積作用と堆積盆解析
益田晴恵 地殻表層部の水循環に伴う物質移動
江ア洋一 地球変遷史:化石刺胞動物の系統
篠田圭司 鉱物の高温高圧下での分光学的研究
奥平敬元 島弧地殻進化:変形と変成作用の相互作用
柵山徹也 マグマ生成・分化とマントル熱・物質循環過程




メールをお送り頂く際には、「@」の後ろに「sci.osaka-cu.ac.jp」を追加してください。

All Rights Reserved, Copyright (c) 2005 Graduate School of Science/Faculty of Science, Osaka City University