大学トップ > 理学研究科・理学部トップ > 生物地球系専攻 > 学位審査基準


教育理念
専攻の特徴
講座紹介
生物分子機能学
生体機能生物学

自然誌機能生物学
環境地球学
地球物質進化学
教員一覧
学位審査基準
博士号取得者一覧
進路
入試情報
大学院生募集
問い合わせ先


 教員公募

 専攻内情報
就職情報

生物学科
地球学科
理学研究科・理学部トップ
大学トップ

生物地球系専攻の学位審査基準

・修士(生物学分野)
・博士(生物学分野)

・博士(地球学分野)


修士論文の審査手続と審査基準(生物学分野)

【審査手続】
申請者は、指導教員(主査予定者)と協議の上、大学院運営委員長に要旨を提出して公聴会での発表を申し出る。
2. 大学院運営委員長は学位論文公聴会を開催し、大学院運営委員会において論文審査に進めてよいかどうかを決定する。申請者は事務に学位申請手続きを行う。
4. 主査及び副主査は論文審査を行う。
5. 主査は事務に論文審査結果(の要旨)を提出する。

【審査基準】
主論文の研究分野の発展に寄与する研究成果を得ており、専門的な職業を担うに十分な能力を持つこと。

戻る



博士論文の審査手続と審査基準(生物学分野)

【博士】
【審査手続】
1.申請者は、授与予定日の4ヶ月前までに審査請求について指導教員(主査予定者)と協議し、主査予定者は資料(履歴書、仮綴じ学位論文、要旨、論文リスト、別刷り)を添えて大学院運営委員長に公聴会の開催を請求する。
2.大学院運営委員長は大学院運営委員会を開き、請求を認めるかどうか決定する。
3.大学院運営委員長は授与予定日の3ヶ月前までに学位論文公聴会を開催し、大学院運営委員会において論文審査に進めてよいかどうか決定する。
4.申請者は事務に学位申請手続きを行う。
5.主査及び副主査は論文審査を行う。
6.主査は事務に論文審査結果(の要旨)を提出する。

【審査基準】
1. 主論文の研究分野で、審査制度のある国際学術雑誌に、主著の英文原著論文(full paper)1編以上(課程博士)あるいは2編以上(論文博士)が刊行済みもしくは印刷中であること。
2.審査基準
 主論文の研究分野の発展に大きく寄与する研究成果を得ており、自立して研究活動を行うに十分な能力を持つ(課程博士)か、すでに自立して研究活動を行っている(論文博士)こと。

戻る


学位論文受理基準(地球学分野)
                                           1984416日制定
                                           2007316日改正
                                           2013418日改正
【課程博士】
 学位申請時に、地球学関連分野の査読のある学会誌等に1篇以上の論文が第一著者として受理されていること。
 なお、20074月以降に後期博士課程に入学したものは、中間発表会(原則として後期博士課程2年次)で研究の進行状況を発表しなければならない。

【論文博士】
 学位申請時に、地球学関連分野の査読のある学会誌等に2篇以上の論文が第一著者として公表されていること。

(注)査読のある学会誌等の細かな内容についてはその都度議論する。ただし、『Journal of Geosciences, Osaka City University』(『大阪市立大学大学院理学研究科地球学英文紀要』)は、査読のある学会誌等に含めない。
(注)電子ジャーナルに掲載された論文は印刷されていなくても公表されたものとみなす。
(注)後期博士課程単位取得退学後1年以内は【課程博士】の基準を適用する。

 本基準は2013418日より適用する。

戻る





メールをお送り頂く際には、「@」の後ろに「sci.osaka-cu.ac.jp」を追加してください。

All Rights Reserved, Copyright (c) 2005 Graduate School of Science/Faculty of Science, Osaka City University