基礎物理学講座

 基礎物理学講座では自然界の仕組みを解明すべく、幾つかのテーマの下に理論物理学の研究を行っています。私たちは、素粒子や原子核のようなミクロの世界での現象、そして広大な宇宙で起こる現象に興味をもっています。また、物理学のもつ数理的な側面にも着目しています。これらの研究の中で私たちが目的とすることは、物理学の基本的な法則や、それに支配される現象を的確に理解し、論理的に伝えることです。そして、自然界の究極の姿についての基本的な知識と研究能力を備えた人材を育成することを目指した教育をしています。
研究室名 スタッフ 紹介
素粒子論 中尾 憲一
丸 信人
重力理論、超対称性模型、余剰次元模型に基づく標準模型を超える素粒子物理、宇宙論。
原子核理論 櫻木 弘之
有馬 正樹
陽子・中性子の多体系としての原子核のダイナミクスとハドロン物理学。



重力分野 石原 秀樹 アインシュタインの一般相対性理論を基礎とした、宇宙における強い重力場を伴う物理的現象。
流体・プラズマ 浜端 広充 プラズマ物理という観点から、天体や宇宙空間に起こる種々の電磁気現象を理論的に研究。
数理物理 糸山 浩
森山 翔文
相対論的場の量子論を基盤と、自然界の究極的法則の探索から生まれた紐理論の発展。

宇宙・高エネルギー物理学講座

自然界の成立ちを解明するために、実験的手法を用いてミクロな世界での素粒子現象や宇宙でのマクロな天体・宇宙現象を研究しています。また、既存の物理モデルを越える新しい現象の探索を続け、より深い自然の理解を目的としています。そして、将来の研究を担う人材として、基礎知識と自然界に対して実験的観点からの深い洞察能力のある人材の育成を目指した教育を行っています。

研究室名 スタッフ 紹介
宇宙線物理学 荻尾 彰一
常定 芳基
超高エネルギー宇宙線の観測による天体・宇宙現象の研究。
高エネルギー物理学 清矢 良浩
山本 和弘
陽子・反陽子衝突実験による素粒子物理学の広範囲にわたる研究。現在は特にヒッグス粒子の探索。
宇宙・素粒子
実験物理学
寺本 吉輝
中野 英一
B中間子を用いた素粒子実験、特に物質・反物質の非対称性の精密な実験的研究。
重力波
実験物理学
神田 展行
田越 秀行
人類史上最初の直接観測を競争中の重力波の検出実験および重力波に関わる天体・宇宙現象の研究。

物性物理学講座

物性物理学とは、固体物理学とも呼ばれ、電子・格子・原子などの運動から物質の性質を解明しようとする学問の総称です。そのなかで、本講座はレーザー・超低温冷凍・数値シミュレーションという3つの強力な武器(技術)を持っています。電子・光子・格子・ヘリウム原子の凝縮状態をテーマに、物質の「あらぶる状態」「静かなる状態」という二つの究極の姿から、物質の本音に迫ることを目指しています。さらに、最近では光合成など生体現象にからんだトピックスも、物性物理学の観点から調べています。また、基礎的な自然科学の知識に加え、試料作成・装置制作・論文制作を通じて、論理的な思考・自ら考え計画を立てて行動する力を養う教育を行っています。

研究室名 スタッフ 紹介
超低温物理学 石川 修六
矢野 英雄
小原 顕
超低温での液体ヘリウムおよび金属の性質を調べる実験。特に、超流動ヘリウム3・超流動ヘリウム4中の渦・粘性・音波・NMRならびにそれらの不純物効果についての研究。
光物性物理学 鐘本 勝一 光と物質系との相互作用を通して、物質が示す様々な物理現象の実験的研究。特に、半導体、光機能性有機物質、π共役導電性高分子等を対象とする。
生体・構造物性 杉崎 満 自然の鋳型を利用しつつ、色素構造を改変した人工の光合成色素蛋白複合体の創成、構造解析と世界最速クラスの超高速レーザー分光計測を駆使した光機能性の評価に関する研究。
素励起物理学 坪田 誠
竹内 宏光
低温物理および光物性物理に関する理論的研究。特に、超流動ヘリウム、中性原子気体ボース・アインシュタイン凝縮、光誘起構造転移など。
レーザー量子物理学
井上 慎 レーザー冷却実験、気体のボース凝縮の実験研究。
電子相関物理学
小栗 章
西川 裕規
電子間相互作用の強い凝縮電子系の物性。特に、近藤効果などの量子干渉効果・磁性・超伝導が競合する現象の理論研究、共鳴非弾性X線散乱などの分光理論。

特任教授

唐沢 力:基礎教育担当(基礎物理学実験I,II)

牲川 章:基礎教育担当(基礎物理学I,II-E,III,IV,物理学I)

川上 三郎:基礎教育担当(基礎物理学実験I,II,入門物理学実験)