卒業研究発表会(2018年度)

卒業研究発表会が2019年2月13日(水)に行われました。

プログラム(代数・幾何系、中講究室(理学部F棟4階・F415号室))
10:00~11:00
福田 悠登 6次対称群の指標表
野沢 宏典 結び目と不変量について
足立 和孝 双曲幾何における余弦定理
11:10~12:10
倉田 怜輝 ホモトピーと回転数
高橋 浩紀 de Rham群と双対境界写像の構成
飯田 聡一郎 Jordanの曲線定理
プログラム(解析系、大講究室(理学部E棟4階・E408号室))
10:00~12:00
藤原 優梨香 スペクトル分解定理(1)
中川 裕貴 スペクトル分解定理(2)
川原 紀章 Gibbs の現象(1)
村北 義仁 Gibbs の現象(2)
川口 嵐太 ワイエルシュトラスの定理を用いたガンマ関数の無限積表示
島 智章 自励的な微分方程式の不動点周辺での漸近挙動
13:00~15:00
稲吉 玲弥 Blumental's 0-1 law
江田 直生 Cox-Ross-Rubinsteinモデルを利用したBlack-Scholes公式の導出
玉置 領也 Lindberg's theorem
大西 祐作 等方的弾性波について
宮本 雅也 バンディット問題に対するトンプソン抽出法
南 翔大 順位和検定