最初のページに戻る


オープンキャンパス体験入学のプログラム

【実験】のプログラムは、原則ハイヒール・サンダル履きでの参加はできません。ご注意ください!

8月5日(土)、6日(日) の両日実施します。


  前半 13:30 ~ 14:25

  後半 14:35 ~ 15:30

通し(90分)   13:30 〜 15:00


数学科

  1 【講義】複素の世界での2次関数 (90分)

  

物理学科

  2 【講義】重力波の初観測!~ブラックホールからの時空の波~(前半)

  3 【実験】LEDの性質を調べる(後半)


化学科

  4a【実験】いろいろな色の人工イクラをつくって見よう(前半)

  4b【実験】いろいろな色の人工イクラをつくって見よう(後半)

  5a【実験】触媒の効果が目に見える! 化学発光とその応用(前半)

  5b【実験】触媒の効果が目に見える! 化学発光とその応用(後半)

  6 【実験】果物の香りをつくろう! (90分)

  7a【実験】コバルトブルー?(前半)

  7b【実験】コバルトブルー?(後半)

  8 【実験】リズムを刻む不思議な化学反応 (90分)


生物学科

  9【講義】植物の生活環と植物ホルモンのはたらき(前半)

  10【実験室見学】 動物機能生物学研究室、情報生物学研究室 (後半:14:30 集合


地球学科

  11【講義・実験】実験室でマグマを流してみよう(90分)

  12【講義・実験】活断層に囲まれた近畿の地形の成り立ちと断層モデル実験(90分)

  

 a と b は同じ内容ですので、どちらかを選んでください。

 前半と後半で違う講義・実験を選ぶことができます。




体験入学の内容詳細


<数学科>


講義  『 複素の世界での2次関数

(担当講師)濱野佐知子 (場所)全学共通教育棟 814 室 (定員)60名

(内容) 実数の世界を飛び出して2乗したら負になる数もある複素数の世界で遊んでみましょう。例えば、高等学校でお馴染みの2次関数のグラフは、変数を実数から複素数へ拡げるとどのようになるのでしょうか? 私たちの住む実3次元空間では直接全体を目で見ることはできない実4次元の世界。しかし、複素変数の関数に触れることで、「心の中に確かにある」と実感していただければ幸いです。


<物理学科>


講義  『重力波の初観測!~ブラックホールからの時空の波~』

(担当講師)神田展行 (場所)全学共通教育棟 811 室  (定員)50名

(内容) アインシュタインが一般相対性理論で予言してから100年後、2015年9月についに「重力波」が初めて観測されました。重力波とは時空の歪みの波で、発見された重力波はブラックホールから発したものでした。講義では重力波やブラックホールについて解説します。



実験  『LEDの性質を調べる』 

(担当講師)鐘本勝一 (場所)基礎教育実験棟 201 室 (定員)30名

(内容)ノーベル賞対象になったことで注目が集まった光半導体素子のLEDについて、 その仕組みや基本的な性質をさまざまな実験を通して調べます。 特に、低温での性質・電気特性等についても学んでもらう予定です。


<化学科>


実験  『いろいろな色の人工イクラをつくって見よう』

(担当講師)板崎真澄 (場所)基礎教育実験棟 402 室 (定員)15名

(内容) 「化けるを学ぶ」と書く化学では、様々なモノの変化の謎を追究する学問と言えます。このテーマで、いろいろな色のイクラをつくって、触って、観察して、化学の一端に触れてみましょう。このテーマでは、(1) 形状の変化 (ゾルからゲルへ)、(2) pH による色の変化 (pH指示薬の構造変化)を実際に観測し、それぞれについて少し解説します。(*今回つくるイクラは食べられません)


実験  『触媒の効果が目に見える! 化学発光とその応用

(担当講師)保野陽子,樋上友亮 (場所)基礎教育実験棟 402 および 406 室 (定員)15名

(内容) ホタルやクラゲのような発光生物は、化学反応によって生じるエネルギーを使って発光しています。ここでは、化学発光の原理を使って、化学反応が進んでいる様子を実験によって確かめます。普段なかなか見ることができない、反応を促進する物質「触媒」の効果を確かめる実験をあわせて行います。


実験  『果物の香りをつくろう!』

(担当講師)坂口和彦,西川慶祐(場所)基礎教育実験棟 401 室 (定員)20名

(内容) 香りを感じるのは、気体になった香り成分(分子)を我々が鼻で感じるからです。では、 私たちが感じる色々な香りのもとになっている分子とはどのようなものでしょうか。このテーマでは、皆さんの身近にある果物の香りをみなさんに実際に作っていただくと共に、色々な香りのもとになっている香り分子を紹介します。実験ではバナナ(酢酸イソペンチル)、モモ(酢酸ベンジル)、リンゴ(酢酸ヘキシル)などの果物の香り成分を作ります。この香り分子の構造を比べ、その微妙な違いによって香りが大きく違ってくることを体験してもらいます。


実験  『コバルトブルー?』

(担当講師)廣津昌和 (場所)基礎教育実験棟 401 室 (定員)15名

(内容) 「コバルトブルー」という言葉をよく耳にしますが、コバルトイオンの色は、その周りにくっついているイオンや有機物の種類によって変化します。また、コバルトイオンを含む化合物は電荷をもっているので、イオン間の相互作用を利用したイオン交換クロマトグラフィーによって簡単に分けることができます。コバルトイオンの色が周りの環境によって変化する様子を観察し、それらの混合物を、その色を見ながら分けてみましょう。


実験  『リズムを刻む不思議な化学反応』

(担当講師)塩見大輔,豊田和男 (場所)基礎教育実験棟 401 室 (定員)15名

(内容) 私たちの身の回りには心臓の鼓動のように一定の間隔で繰り返し起こる現象がたくさんあります。化学反応にも同じように変化が繰り返すものがあります。このテーマでは、溶液の色が黄色から緑へ変化したあとさらに黄色に戻りまた緑に変わるというように、繰り返し色などの性質が変わる実験を行います。


<生物学科>


講義  『植物の生活環と植物ホルモンのはたらき』

(担当講師) 若林和幸 (場所)全学共通教育棟 816 室 (定員)90名

(内容) 発芽から成長、開花、種子形成へと進む生活環において、植物は光や温度、水分などの環境の刺激を受容して、その変化に応答しながら一連の過程を調節しています。植物ホルモンは、植物体内でつくられて極微量で作用する化合物であり、環境刺激の受容から応答までの間を介在する物質として、生活環の調節に重要な役割を担っています。今回は、生物の教科書でも馴染み深い植物ホルモンの生理作用について解説します。


実験室見学 『動物機能生物学研究室、情報生物学研究室』

(担当講師) 小宮 透, 渕側太郎, 松本圭司 (集合場所)14:30 に全学共通教育棟 816 室 (定員)30名

※1)見学には参加証が必要です。参加が確定した方には理科部受付にて参加証を配布しますので、必ず受け取った上で816室に14:30までに集合してください。

※2)14:35に理系共通実験棟C棟3階学生実習室(C-310室)に向けて移動します(参加証地図参照)。

(内容)市大の生物学科には全部で11の研究室があり、動物・植物・微生物を対象とする分子レベルから宇宙レベルに至る幅広い研究を行っています。今回は2つの研究室を見学できます。1つは、「動物機能生物学研究室」です。「脊椎動物の発生」を研究している小宮透先生に「アフリカツメガエルの受精と初期発生」について説明をしていただきます。もう1つは、「情報生物学研究室」です。昆虫を用いて行動や生理の研究をしている渕側太郎先生・松本圭司先生にハチの巧妙な体内時計調節、あるいは、カメムシのホルモン制御について説明をしていただきます。






<地球学科>


講義・実験 『実験室でマグマを流してみよう』

(担当講師)柵山徹也 (場所)基礎教育実験棟 007 室  (定員) 20名

(内容) 溶岩流は既存の地形を大きく変えます。新しく湖を作ったり、島を陸続きにしたり、はたまた新しい島を作ったりします。溶岩流がいつ、どこから、どのように流れてきたかを調べることは、火山が今後どのような噴火をするかを予測する重要な手がかりになります。この授業では、マグマに物性が似たチョコレートを溶岩流に見立てて、それを流した時にできる組織を観察します。そして観察結果を手がかりに、実際の溶岩流がどのように流れたかを考察します。


講義・実験 『活断層に囲まれた近畿の地形の成り立ちと断層モデル実験』

(担当講師)原口 強 (場所)基礎教育実験棟 006 室  (定員) 20名

(内容) 生駒山、六甲山などの山の麓には活断層があります。活断層が動くことでこれらの山が高くなり、一方で河内盆地、奈良盆地などが形成されてきました。断層モデル実験を通して、山地と盆地の地形形成について解説します。さらにこれらの活断層が引き起こす直下型地震や南海トラフ地震に伴う地震・津波について、熊本地震災害、東日本大震災津波などの調査結果を踏まえ、大阪の地形を俯瞰しながら地質防災の視点から考えてみます。