大阪市立大学 宇宙物理・重力 研究室 Research Group for Theoretical Astrophysics, Osaka City University

【セミナー情報】




宇宙物理(重力)・素粒子論 研究室 コロキウム [2019年度 前期]

*コロキウムは原則毎週金曜16:00時開始

*発表予定のある方は,発表題目及び概要をコロキウム係(松野,安積)までお知らせ下さい.

*M1・M2の方も参加しますので,基礎的な内容も踏まえて話して頂きたく思います.

*プロジェクターで発表された方の発表ファイルを許可をもらい掲載しています.

*宇宙物理・重力コロキウムにて発表を希望される方はコロキウム係(松野、安積)までご連絡ください.


 

次回のコロキウム



日時:7月26日(金) 16:00〜
場所:F-216 理学部8講義室
講師:安田 晴皇氏(大阪市立大学)
題目:超新星残骸における宇宙線加速
概要: 超新星残骸(Supernova remnant; SNR)は、大質量星が超新星を起こした後に残す高温ガスを主体とした天体である。 SNRは超新星を起こした星の性質や、その星周環境により多種多様な構造を持ち、電波からガンマ線まで多波長で光る。特にガンマ線は、高エネルギー宇宙線と星周物質との相互作用により生成されるため、その観測から宇宙線の情報を抜き出せるため非常に重要な放射である。来年稼働予定のガンマ線望遠鏡Cherenkov Telescope Array (CTA)によって、SNRからのガンマ線観測が飛躍的にに増加し、宇宙線加速機構に迫れることが期待されている。本コロキウムでは、SNRと宇宙線、ガンマ線研究の現状を観測と理論の両面から紹介する。


今後のコロキウム予定











過去のコロキウム情報
過去のコロキウム情報(2019年度)
過去のコロキウム情報(2018年度)
過去のコロキウム情報(2017年度)
過去のコロキウム情報(2016年度)
過去のコロキウム情報(2015年度)
過去のコロキウム情報(2014年度)
過去のコロキウム情報(2013年度)
過去のコロキウム情報(2012年度)
過去のコロキウム情報(2011年度)
過去のコロキウム情報(2010年度)
過去のコロキウム情報(2009年度)
過去のコロキウム情報(2008年度)
過去のコロキウム情報(2007年度)
過去のコロキウム情報(2006年度)
過去のコロキウム情報(2005年度)
  page top↑


大阪市立大学> 大学院理学研究科・理学部 > 物理学科 > 宇宙物理・重力 研究室

Research Group for Theoretical Astrophysics, Osaka City University   Page View :