大判ポスター印刷なら、安い、早い、思い通り、画像技術室   写真・ビデオ・画像処理の技術支援

本文へジャンプ
大判ポスターをつくること

自分で印刷するメディアの種類パソコンの性能プリンターの種類用紙の種類印刷設定サイズ表料 金支払いの方法

当施設でのポスター印刷の流れは次のようになります。

自分でポスターを印刷する場合(セルフ印刷)
原稿を作って、データを持ってくる
  1. 来室の前にあらかじめ原稿データをご用意ください。
  2. データーファイルを持参する
      USBメモリスティックー、CD-Rなどにコピーして持ってくる。
当施設のパソコンにデータをコピーし、画面を確認する
  1. パソコンのデスクトップなどにコピーし、ダブルクリックしてファイルを開く。
      参考:当施設で用意(インストール)しているポスター印刷向きのソフト

  2. ソフトのバージョン違いによってレイアウトのずれなどが起こることがあるので、画面を確認する。


プリンタ用紙をセットする
  1. プリンタ毎に専用の用紙が用意されているので、好みの用紙をセットする。
       参考:プリンタ用紙の選び方
  2. 担当の職員に遠慮なく尋ねて、説明や交換作業を申し出てください。

印刷設定をする、プレビューがO.K.なら印刷スタート
  1. ページ設定、プリンタの選択、用紙の種類、その他印刷条件などの〔印刷設定〕をする。
  2. プレビュー画面で最終チェックをする。(原稿が切れていないか確認)
  3. ここで迷ったら担当の職員に尋ねる。
      参考:印刷設定の仕方マニュアルサイズ表料 金
  4. 印刷スタート → 完了

仕上げ(余白をカット)、利用届に記録する
  1. 印刷が終わったら取り出して、必要であればカッティングマットの上で余白(周辺)をカットする。
  2. 備え付けの〔利用届〕用紙に記入して、置いておく。
    参考:料 金|支払方法
  3. パソコンにコピーした原稿データを消去し、パソコンをシャットダウンする  

依頼によるポスター印刷の場合(現在、受け付けていません)
原稿を作って、データを持ってくる、またはメールで送る
  1. あらかじめ原稿データをご用意ください。
  2. データーファイルを持参するまたはメールに添付して送信する
      参考:送り先のメールアドレス photo●sci.osaka-cu.ac.jp (●を@に代える)

当施設のパソコンにデータをコピーし、画面を確認する
  1. パソコンのデスクトップなどにコピーし、ダブルクリックしてファイルを開く。
  2. ソフトのバージョン違いによってレイアウトのずれなどが起こることがあるので、画面を確認する。
  3. メール送信による方法の場合、本人確認できませんのでお任せ印刷になります。

印刷条件、枚数、期限等必要な要件を伝える
  1. 来室の場合は、口頭で要件を伝えてください。
  2. メール添付の場合は、本文に印刷条件、要件を記入してください。
  3. 仕上がりの通知があれば、引き取りに来てください。

データを持参する、メディアは各自でご用意ください。

USBスティックメモリー CD-R ノートパソコン
USBメモリーが手軽で
おすすめ
他にCD-Rなど ノートパソコンという
手もある※
 ※ ノートパソコンには、あらかじめプリンタドライバをインストールしておいてください。

当施設のパソコンとその基本性能、ソフトの種類、使えるプリンターの種類

EPSON社製 インクジェットプリンタです。
PX-H9000 PX-F10000
平成26年度(2015年1月)設置 平成21年度(2010年2月)設置
(平成28年10月:ヘッド交換)
9色顔料インク 5色顔料色インク
最大B0ノビ(幅111cm) B0ノビ(111cm)
長尺対応アプリケーション使用時
最大15000mmまで長尺印刷可能
長尺対応アプリケーション使用時
長尺印刷可能
Windows7・8・10、MacOS-Xに対応 Windows7・8・10、MacOS-Xに対応
普通紙、MC厚手マットロール
プロフォトペーパー、光沢フィルム2ロール
布ポスター(クロス)、合成紙(ユポ)
普通紙、MC厚手マットロール
プロフォトペーパー、光沢フィルム2ロール
布ポスター(クロス)、合成紙(ユポ)


次につづく(用紙の種類と選び方)

このページの先頭に行く