大判ポスター印刷なら、安い、早い、思い通り、画像技術室   写真・ビデオ・画像処理の技術支援

本文へジャンプ
料金表(利用の際の料金及び支払方法など)

ポスター印刷の利用料金(各サイズ1枚あたりの用紙代込みの金額、長さが定型サイズを超えると割り増し料金を加算します))

こちらの料金表は、大学内部の利用者で外部の利用者は大学規程をご覧ください。

平成29年4月1日から実施する。


【表1】 大型プリンター利用料(サイズ別) 単位:円


財源:校費・科研費・外部資金による大学関係者(理学部所属の方は【表2】へ)

用紙/サイズ

A

B0

A1

B1

長尺

普通紙

600

700

300

350

用紙の長さがサイズオーバーの場合は、割増料金をいただきます。PDF料金表を参照

厚手マット紙

1,000

1,200

500

600

プロフォト

1,600

2,000

800

1,000

光沢フィルム

3,600

5,100

1,800

2,550

布ポスター
(クロス紙)

3,300

4,900

1,650

2,450

 合成紙2(ユポ)  1,200  ―  600  ―


大型プリンターの機種は、EPSON PX-F10000EPSON PX-H9000

   画像技術室備付けの専用紙を使用すること(持ち込み用紙の利用は不可)

   セルフサービスによる利用とする。

   理学部関係者の利用料金は、【表2】の通り

    ※ PDF料金表

表2】 (理学部)大型プリンター利用料(サイズ別) 単位:円

財源に関係なく理学部所属の方

用紙/サイズ

A

B0

A1

B1

長尺

普通紙

500

600

250

300

用紙の長さがサイズオーバーの場合は、割増料金をいただきます。PDF料金表を参照

厚手マット紙

900

1,100

450

550

プロフォト

1,400

1,800

700

900

光沢フィルム

3,500

5,000

1,750

2,500

布ポスター
(クロス紙)

3,200

4,800

1,600

2,400

 合成紙2(ユポ)  1,000  ―  600  ―

   画像技術室の運営経費は理学部予算で賄っているため、理学部関係者には減額措置があります。

※ PDF料金表




画像処理・写真・映像などの技術支援の料金(単位:1時間当たり、円)

 依頼業務

 他学部(理学部外)  理学部
 スキャナーシステム  1,000 500 
  ビデオ撮影(依頼)  700  350
  画像処理・ビデオ編集  200  100

  写真撮影(依頼)

 300 150
 ※ビデオ撮影パッケージ(マスター製作)  5,000/件 2,500/件
  ※ビデオ撮影パッケージ複製  1,000/件  500/件

※ 大学内部利用者に対する特別料金:ビデオ撮影・編集・納品(DVD・ブルーレイ・YouTube等製作)について、すべての行程作業時間+消耗品を込みにしたパッケージ料金を用意する。

ただし、利用料金による積算が安価の場合は、作業時間の合計とする。その場合の消耗品代は別途徴収する。


※ 依頼内容が杉本キャンパスを離れる時及び勤務時間外の業務依頼は、別途、研究支援課長に業務依頼書を提出して、承認を受けてください。

PDF料金表(技術支援依頼)大学内部利用者



当施設の料金及び支払いの流れは次のようになります。

ご利用から請求、支払いまで:校費(研究費など)支払いの場合
ご利用と請求、予算振替
  1. 出力後、備え付けの[利用届け(兼請求書)]に必要事項を記入してください。
  2. 大学計理課にて予算振替をします。
  3. 財源名は必ず記入してください。科研費、外部資金等はプロジェクトb焉B
  4. 写真・映像に関する依頼の場合は、技術職員と打ち合わせをしてください。
  5. プリンタの利用料金は、料金表に従ってください。写真・映像に関する依頼の場合の料金は、消耗品・材料費をいただきます。
  6. 予算振替は3ヶ月ごとに集計・請求する。5月〜7月、8月〜10月、11月〜1月(年度内はここで清算)、2月〜4月は翌年度に請求する。
  7. 請求をまとめ、利用内容をメールで通知後、確認が取れましたら、大学計理課理学部担当から研究室(またはその他財源)との間で予算振替の手続きをします。
  8. プリンタの使い方、用紙の選択・交換方法など説明がいる場合は、担当の技術職員にお尋ね下さい。
  9. 部屋が閉まっていて、鍵が必要な場合は次の[鍵の管理者]にお借り下さい。