カラーテーブル

 ここでは,地形らしい表示を行なうために最後に示したカラーテーブルを用いました.カラーテーブルは,GRASSのmapsetの下のcolrディレクトリに,ラスターファイル名と同じ名前で保存しています(異なるディレクトリに保存しないように注意してください).カラーテーブルファイルをcolrディレクトリに作成すれば,ラスターの色を直接コントロールすることができます.ここで示したカラーテーブルを利用する手順を以下に示します.

1.カラーテーブルをダウンロードします.

  colortable<ここをクリックしてください>

 ブラウザでそのまま,内容が表示された場合はcolortableとういファイル名をつけて保存してください.

2.GRASSを目的のLOCATION・Mapsetで起動します.

3.colrディレクトリに移動します.

  cd $LOCATION/colr

4.ダウンロードしたファイルcolortableをdemというファイルにコピーします.

  cp /XXXX/colortable dem

  (/XXXXはcolortableをダウンロードしたディレクトリのフルパスです)

5.他の計算結果のラスター地図も同じカラーテーブルを使用する場合は,カラーテーブルファイルをコピーをします.例えば,平滑化の計算結果の1つであるラスター地図d1demも同じテーブルを用いたい場合は,

  cp dem d1dem

とします.

---------- カラーテーブル ----------

% 40 480

40:163:231:150 60:173:238:152

60:173:238:152 80:184:245:155

80:184:245:155 100:201:248:165

100:201:248:165 120:226:244:182

120:226:244:182 140:250:240:200

140:250:240:200 160:243:238:165

160:243:238:165 180:235:236:130

180:235:236:130 200:233:225:108

200:233:225:108 220:230:214:85

220:230:214:85 240:227:202:80

240:227:202:80 260:224:190:75

260:224:190:75 280:221:178:70

280:221:178:70 300:217:166:65

300:217:166:65 320:214:154:61

320:214:154:61 340:211:141:56

340:211:141:56 360:208:128:52

360:208:128:52 380:205:115:48

380:205:115:48 400:202:103:44

400:202:103:44 420:198:90:40

420:198:90:40 440:194:78:36

440:194:78:36 460:190:66:32

460:190:66:32 480:186:54:28

---------- 以上 ----------