地球科学におけるGRASS GIS入門 (第1回:4月25日)

 実習です!!(4月27日変更)


GRASSの入手とインストール

 本講座の第1回目の実習として,GRASSを入手し,Linuxへインストールする作業を行います.来月の講義(第2回目)までに,インストールしておいてください.今回の実習は,このGRASSのインストールまでで終わりです.すでにインストールされている方は自習(いきなりですが!)しておいてください.なお,Linux以外のOS(Unix)でも試みたい方は,GRASSのインストールのページを参照してご自分で,コンパイルするなどしてみてください.

 本実習では,Unixのコマンドが色々と使われていきます.簡単な説明はしますが,詳細はオンラインマニュアルか,市販の本等で調べてください.Linuxのオンラインマニュアルは,man コマンド名で調べられます(なお,マニュアルの使い方も,man manでわかります).


[入手方法]

 現在,GRASSのversionは5.0betaと4.2.1の2通りがあります.本講座では,version4.2.1を使用していきます.GRASSはFTPやCD-ROMで入手可能です.インターネットを用いて,FTPでGRASS4.2を入手するためのWebサイトの1つとして下記のURLがあります(ラガワンが管理しているGRASSの日本のミラーサイトです).ここから,Linux用バイナリー実行形式のGRASSを入手してください(本講座の正式な受講生でネットワークなどの問題でダウンロードが不可能に近い方はMLで連絡ください).なお,ここにはCD-ROMでの一般的な入手方法の説明も掲載されています.

http://wgrass.media.osaka-cu.ac.jp/grassh/main_linuxbin.html

このURLのホームページ中の

The binary package:

にあります.入手しなければならないファイルはlinuxのバージョンにより異なり次の2種類があります.お使いのバージョンによってお選びください.なお,ファイル領域としては,約70Mbyteが必要です.

. Redhat 4.x, SuSe 5.x,SlackWare3.5(J)などの libc.so.5 によるほんのちょっと古いバージョンでは,

 download older GRASS Linux binaries

をクリックし,ダウンロードし,ファイルとして保存してください.

ファイル名は,grass421_linuxbin20.tar.gz です.

. Redhat 5.2, SuSe 6,Debianなどの libc.so.6 による,最新のバージョンでは,

 Download current GRASS 4.2.1 Linux binaries

をクリックし,ダウンロードし,ファイルとして保存してください.

ファイル名は,grass421_linuxbin21.tar.gz です.

 

 Webのブラウザによっては,ダウンロードした際に,名前が変わって,最後の gz が,tar に変わってしまう場合があります.その場合は,もとの名前に変えて下さい.また,Windows等でダウンロードする場合に,zip形式に対応していないという表示が出る場合があるかもしれませんが,そのままファイルを保存する作業を進めて下さい.

 以下のインストールの説明では,古いほうのファイル名を使っています.インストール方法は同じですが,ファイル名の .tar.gz の前の数字が(20か21)違いますので,新しいバージョンをご使用の方は,ファイル名の20を21として入力して下さい.


[インストール方法]

 GRASS4.2.1のLinuxバイナリーを用いたgrass4.2のインストール方法を以下に簡単に説明します.なお,このインストール方法はGrass4.2に付属したマニュアル(Neteler M.,1998)を,コマンド等の説明を加えて日本語化したものです.

---------- ---------- ---------- ---------- ----------

StepLinuxを立ち上げ,rootでログインします.

例)Welcome to Linux 2.0.35.

  XXXX login: root  (以降,濃い赤色の部分を入力し,はリターン(Enter)を意味します).

  Password:******   (******はパスワードで,実際には画面に現われません).

Step.GRASSパッケージを保存するためのディレクトリーを/usr/localの下にgrass42という名前で作成します(本来は領域があいていればどこでも良いのですが,ここで示したように作成すると後の2と5の作業を省略できます.また,Unixのコマンドやファイル構造に不慣れな方は,ここに示した通りに作業を行ってください).インストールにはtar形式のファイルを含めて約42Mbyeが必要です.

   mkdir /usr/local/grass42

    (mkdirはディレクトリ作成コマンド)

このディレクトリに,ftpで取ってきたファイル(grass421_linuxbin20.tar.gz)をコピーします(ftpで取ってきたディレクトリへ移動して行うか,フルパスで書きます.パス(Path)とは目的のディレクトリやファイルまでの道筋のことです.).

   cp grass421_linuxbin20.tar.gz /usr/local/grass42

    (cpはコピーコマンド)

ディレクトリー/usr/local/grass42へ移動し,tarを用いて,解凍します.

   cd /usr/local/grass42

    (cdはディレクトリ移動コマンド)

   tar zxvf grass421_linuxbin20.tar.gz

    (tarはテープ形式の解凍・圧縮コマンドです.これを実行するとたくさんのファイルが作成され,その様子が画面に表示されます.なお,解凍後はgrass421_linuxbin20.tar.gzファイルは削除してもかまいません.ファイルを削除するためのコマンドはrm ファイル名です.)

Step2.[/usr/local/grass42の下で解凍した場合はこの作業は不要です].Step1で異なるディレクトリへインストールした場合は,エディターを用いてgrass4.2の中のGISBASE=以降のパスをそのディレクトリー名に変更する.

   textedit grass4.2

    (texteditはエディターを起動.viを用いても良い)

     GISBASE=/usr/local/grass42 ←を変更する.

Step.GRASSスタートするプログラムファイルgrass4.2のパーミッションを変更し,/usr/local/binの下にコピーします.

   cd /usr/local/grass42

   chmod 755 grass4.2

    (chmodはファイルのモード変更コマンド)

   cp grass4.2 /usr/local/bin

Step. ディレクトリdevの下のfifoを再構築するための作業を行います.これらのfifoは,グラフィックス出力のために必要なものです.

   cd dev

   rm -f fifo*

    (rmはファイル等を削除するコマンド)

   sh create_fifos.sh

    (shはシェルの実行コマンド,fifo.XXを約40個作成)

   chmod 0666 fifo*

    (chmodはファイルのモード変更コマンド)

   cd ..

Step.[/usr/local/grass42の下にGRASSを作成した場合は,この作業は不要].ディレクトリetcの下のmonitorcapの中のパスをgrass4.2のあるパスに修正します.

   cd etc

   textedit monitorcap

    (x0〜x6,CELLの各ドライバーの2行目のパスを修正)

   cd ..

Step.ディレクトリlocksの下に使用しているあなたのマシンの名前のディレクトリを作成します.あなたのマシンの名前は以下のコマンドにより調べられます.

   uname -n

    (unameはマシン名等を答えてくれるコマンド)

ディレクトリlocksの下へ移動し,マシン名のディレクトリを作成し,モードを変更します.

   cd locks

   mkdir マシン名

   chmod 1777 マシン名

   cd ..

 

 以上でインストールは終了です.本来のユーザー名で再度ログインして,X-Windowの環境下で(多くの場合,Startxを実行する),

   grass4.2

と入力することによりGRASSが起動します.GRASSを起動すると,

と出てくるので,リターン(Enter)キーを押し,

この画面が表示されます.これで,GRASSがインストールできたことが確認できます.次に,ctrlキーを押しながら,cのキーを押し,GRASSを終了します(ここから先は次回です.なお,順を追って行う実習の性格上,ここから先の操作に関する質問等は本メーリングリストでは行わないようにして下さい.気になる方は,マニュアル等を参照して自習をお願いいたします).


ソースからコンパイルする方法


 以上で,今回の実習は終了です.

第1回講義に戻る

大阪市立大学インターネット講座'99