大阪市立大学・大学院理学研究科・細胞機能学研究室 マイコプラズマグループ

運動超分子マシナリーが織りなす調和と多様性

Original papers and English reviews
(原著論文と英文総説)

下の[1]-[4]の項目をクリックすると,それぞれのデータベースから私たちの論文を抽出したものが見られます.
You can browse our publications from those databases, if you crick the items [1]-[4] listed below.

  1. PubMed (Miyata articles)
  2. Google Scholar (miyata m mycoplasma)
  3. Osaka City University Professor Database (Makoto MIYATA)
  4. Journal of Bacteriology (miyata m mycoplasma)

Book chapters (英文著書)

  1. Miyata M and Nakane D (2013)
    Gliding mechanism of Mycoplasma pneumoniae subgroup -implication from Mycoplasma mobile-. In (Browning, G. and Citti, C., ed) Molecular and Cell Biology of Mollicutes. Horizon Press. Nolfork, pp237-252
  2. Miyata M (2007)
    Molecular mechanism of mycoplasma gliding - a novel cell motility system. In Cell Motility (Lenz, P., ed), Springer, 137-175.
  3. Miyata M (2005)
    Gliding motility of mycoplasmas -A mechanism cannot be explained by current biology- Blanchard, A. & Browning, G eds. Mycoplasmas: pathogenesis, molecular biology, and emerging strategies for control. Horizon Scientific Press, Norwich .137-163. 
  4. Miyata M (2002)
    Cell division. In Herrmann, R. and Razin, S. (ed.), Molecular biology and pathogenicity of mycoplasmas. pp. 117-130. Kluwer Academic / Plenum Publishers., London (selected for cover illustration).

Japanese reviews (日本語総説)

  1. 宮田真人(2016)
    「マイコプラズマの運動機構」,神谷 茂ら編,「最新マイコプラズマ学」, 19-24.
  2. 宮田真人(2015)
    「滑走するマイコプラズマ」臨床と微生物,42,465-468.
  3. 宮田真人(2012)
    「マイコプラズマの生物学」月刊メビオ, 29, 8-14.
  4. 宮田真人(2010)
    病原細菌, マイコプラズマのユニークな滑走運動 . 化学と生物 , 48, 176-181.(表紙の図に採用) (科学と生物
  5. 宮田真人、中根大介(2010)
    病原細菌, マイコプラズマのユニークな滑走運動を支える細胞骨格 」. 生物の科学 , 遺伝:64, 47-51 .
  6. 宮田真人(2009)
    マイコプラズマ滑走運動の分子メカニズム. IFO RESERCH COMMUNICATIONS , 23, 131-138.
  7. 宮田真人(2009)
    病原細菌, マイコプラズマ滑走運動-構造とメカ二ズム-. 可視化技術の最前線’07-’08, 87-95.
  8. 宮田真人(2009)
    マイコプラズマ滑走運動の装置とメカニズム. 顕微鏡, 44, 210-214.(顕微鏡
  9. 宮田真人、中根大介(2009)
    Mycoplasma pneumoniae の滑走運動. 生体の科学, 60, 98-102.
  10. 宮田真人(2009)
    実験室の厄介者, マイコプラズマのひみつ-モータータンパク質も細胞骨格も使わない運動-」. 生化学, 81, 31-35. (生化学
  11. 宮田真人(2008)
    滑走する病原細菌,マイコプラズマの細胞骨格 -チューブリンでもアクチンでもない -. 蛋白質核酸酵素 (PNE)、53, 1752-1758.(表紙の図に採用) (PubMed) (PNE).
  12. 宮田真人(2008)
    うごめく細菌,マイコプラズマのユニークな運動メカニズム. 現代化学, 2008 5月, 27-32.(表紙の図に採用).
  13. 宮田真人(2007)
    マイコプラズマ滑走運動の分子メカニズム -ユニークな生体運動-. 日本細菌学会雑誌, 62, 347-361.(PudMed) (J-stage).
  14. 宮田真人(2007)
    表面を・つかんではなす・マイコプラズマ. 表面科学, 28, 198-203. (J-stage).
  15. 宮田真人(2006)
    患者といっしょに歩き回るマイコプラズマ. 化学療法の領域, 23, 267-272.
  16. 宮田真人(2006)
    “walking pneumonia”の病原菌であるマイコプラズマは患者と同様に歩きまわる. 感染・炎症・免疫, 36, 72-73.
  17. 宮田真人(2006)
    電顕に期待するもの①. 細胞工学、 25, 1186-1187.
  18. 宮田真人(2006)
    マイコプラズマの滑走運動-ここまでわかった未知の構造と生体運動メカニズム. 顕微鏡、 41, 39-44.(顕微鏡).
  19. 宮田真人(2006)
    マイコプラズマの細胞運動メカニズム ATPで滑走するバクテリア. BioNics、2006年3月号, 52-58.
  20. 宮田真人(2005)
    マイコプラズマの滑走運動 -新たな生体運動メカニズム. 蛋白質核酸酵素 (PNE)、50, 239-245 (PubMed).
  21. 宮田真人(2004)
    未知のメカニズム,マイコプラズマの滑走運動 -レールのないすべり運動? 生物物理、44, 218-221. (J-stage).
  22. 宮田真人(2003)
    Mycoplasma mobileのglidingと病原性. 臨床と微生物, 30, 015-019.
  23. 宮田真人(2002)
    マイコプラズマの滑走運動-現在の生物学が説明できないメカニズム-. 日本細菌学雑誌 57, 581-595. (PubMed).