大阪市立大学・大学院理学研究科・細胞機能学研究室 マイコプラズマグループ

運動超分子マシナリーが織りなす調和と多様性

マイコプラズマは寄生宿主への高い依存性を達成するために,特殊な進化を遂げた原核生物(細菌,バクテリア)です.細胞にははっきりした極性があり,片方の極でガラスなどの固形物にはりつき,はりついたまま滑るように動く「滑走運動」を行います.運動は速く,スムーズで,最速種のマイコプラズマ・モービレでは,毎秒細胞長の7倍にもなります.マイコプラズマには他の運動性のバクテリアで見られる"べん毛"も,"線毛"も,ミオシンなどのモータータンパク質も存在しません.ですから,この運動のメカニズムは現在の生物学の概念では説明できないものでした.私たちの研究は,この運動メカニズムをマイコプラズマ細胞や滑走装置の構築を含めて理解することを目的としています.これにより生体分子でできた小さな機械をより深く理解し,それを利用すること,マイコプラズマ性肺炎をはじめとする感染症の治療方法の開発につながること,などの効果が期待できます.

Mycoplasmas are a group of bacteria which achieved special evoluation to be a successful parasite. Dozens of species have cell polarity and bind to solid surfaces such as glass at a pole, and perform gliding motility, with keeping the binding. The gliding is fast and smooth and reaches as fast as seven times cell length per second in case of the fastest species, Mycoplasma mobile. They do not have bacterial flagella or conventional motor proteins such as myosin. Therefore, this motility was mysterious and could not be explained by the current biology. Our goal is to elucidate this unique mechanism including the structures of cells and machinery. Our study will contribute to understand the small machines composed of biomolecules and give the possibility to utilize them, and also the possibility to develop the new theraphies to infectious deseases including mycoplasma deseases.