根本 達也(Tatsuya NEMOTO)



[研究活動]

論文等

中川康一・根本達也・升本眞二・駒沢正夫(2000)重点地盤調査候補地域「地震防災のための深部地盤モデル」. 都市地震防災地盤図検討委員会,日本応用地質学会・社団法人全国地質調査業協会連合会, pp.103-116.

升本眞二・Raghavan V.・根本達也・塩野清治(2000)GRASS GIS入門(その2). 情報地質,vol.11, no.3, pp.199-208.

根本達也・升本眞二・ベンカテッシュ ラガワン・塩野清治(2001)GRASS GIS入門(その3). 情報地質, vol.12, no.3, pp.183-191.

升本眞二・ベンカテッシュ ラガワン・根本達也・塩野清治(2002)GRASS GIS入門(その4). 情報地質, vol.13, no.4, pp.213-222.

Masumoto S.,Raghavan V.,Nemoto T. and Shiono K.(2002)Construction and Visualization of Three Dimensional Geologic Model Using GRASS GIS. Proc. Open Source Free Software GIS-GRASS users conference, no.18, pp.1-8.

Nemoto T.,Raghavan V.,Masumoto S. and Shiono K.(2002)Development of SISGeM - An Online System for 3D Geologic Modeling -. Proc. Open Source Free Software GIS-GRASS users conference, no.32, pp.1-6.

Masumoto S.,Raghavan V.,Nemoto T. and Shiono K.(2002)3-D Modeling and Visualization of Geologic Structures Using Open Source GRASS GIS. Proc. GIS-IDEAS, pp.313-318.

Nemoto T.,Raghavan V.,Masumoto S.1and Shiono K.(2002)Development of an Online System for 3D Geologic Modeling. Proc. GIS-IDEAS2002, pp.325-330.

Shiono K.,Masumoto S.,Noumi Y.,Sakamoto M. and Nemoto T.(2002)Optimal Determination of Geologic Surfaces Based on Field Observation Including Equality-Inequality Constraints and Slope Information. Proc. GIS-IDEAS2002, pp.213-218.

Yonezawa G.,Nemoto T.,Masumoto S. and Shiono K.(2002)3-D Geologic Modeling and Visualization of Faulted Structures: Theory and GIS Application. Proc. Open Source Free Software GIS-GRASS users conference, no.33, pp.1-4.

Nemoto T.,Raghavan V.,Masumoto S. and Shiono K.(2003)Development of an Online Spatial Information System for Geologic Modeling - SISGeM. Geoinformatics, vol.14, no.1, pp.63-68.

根本達也・ベンカテッシュ ラガワン・升本眞二・塩野清治(2004)Web上での3次元地質モデリングの現状と可能性について‐SISGeMを例として. 日本情報地質学会シンポジウム2003講演論文集, pp.21-24.

Raghavan V.・升本眞二・Phisan S.・根本達也・野々垣進・森亮・丹羽誠・萩原顕・服部典弘(2004)FOSS4G活用のためのGRASS GISおよびMapServerのトレーニングマテリアル開発とそれらの国際化. 学術情報総合センター紀要・情報学研究,vol.5, pp.39-51.

Masumoto S.,Raghavan V.,Yonezawa G.,Nemoto T. and Shiono K.(2004)Construction and Visualization of a Three Dimensional Geologic Model Using GRASS GIS. Transactions in GIS, 8(2), pp.211-223.

塩野清治・升本眞二・根本達也(2004)地質構造の論理モデルに基づく地質境界面の数学表現‐閉包概念の導入‐. 情報地質, vol.15, no.2, pp.63-73.

Masumoto S.,Raghavan V.,Nonogaki S.,Nemoto T.,Mori T.,Niwa M.,Hagiwara A. and Hattori N.(2004)Present Status of GRASS Internationalization Project. Proc. Free/Libre and Open Source Software for Geoinformatics: GIS-GRASS Users Conference, pp.1-7.

Nemoto T.,Masumoto S. and Shiono K.(2004)Characterization of a Point on Surface - Proposal of Neighbourhood Function -. Proc. Free/Libre and Open Source Software for Geoinformatics: GIS-GRASS Users Conference, pp.1-6.

Nonogaki S.,Tran Anh Van,Masumoto S.,Raghavan V.,Nemoto T.,Mori T.,Niwa M.,Hagiwara A. and Hattori N.(2004)Implementing Vietnamese Language Localization Using I18N GRASS GIS. Proc. Free/Libre and Open Source Software for Geoinformatics: GIS-GRASS Users Conference, pp.1-6.

Raghavan V.,Santitamnont P.,Masumoto S. and Nemoto T.(2004)Implementing of Web Map Server Test-bed and Development of Training Material for Advancing FOSS4G Solutions. Proc. Free/Libre and Open Source Software for Geoinformatics: GIS-GRASS Users Conference, pp.1-6.

Yonezawa G.,Raghavan V.,Kajiyama A.,Nemoto T. and Masumoto S.(2004)Development of Multimedia-GIS Application. Proc. Free/Libre and Open Source Software for Geoinformatics: GIS-GRASS Users Conference, pp.1-5.

Masumoto S.,Raghavan V.,Nonogaki S.,Nemoto T.,Hirai N.,Mori T.,Niwa M.,Hagiwara A. and Hattori N.(2004)Multi-language Support and Localization of Free and Open Source GRASS GIS. Proc. GIS-IDEAS2004, pp.225-230.

Nemoto T.,Masumoto S. and Shiono K.(2004)Characterization of a Point on Surface by Geologic Units neighbouring around it. Proc. GIS-IDEAS2004, pp.231-236.

Nonogaki S.,Tran Anh Van,Masumoto S.,Raghavan V.,Nemoto T.,Mori T.,Niwa M.,Hagiwara A. and Hattori N.(2004)Development of Vietnamese Version of GRASS GIS. Proc. GIS-IDEAS2004, pp.257-262.

Raghavan V.,Masumoto S.,Kajiyama A.,Nemoto T. and Fujita T.(2004)Landslide hazard zonation using the GRASS GIS: A case study in the Ojiya District, Niigata Prefecture, Japan. Proc. GIS-IDEAS2004, pp.137-142.

米澤 剛・升本眞二・根本達也・坂本正徳・塩野清治(2004)拡張地質関数を用いた地質境界線の表示. 情報地質,vol.15, no.4, pp.193-206.

Masumoto S.,Raghavan V.,Nonogaki S.,Neteler M.,Nemoto T.,Mori T.,Niwa M.,Hagiwara A. and Hattori N.(2005)Multi-Language Support and Localization of GRASS GIS. International Journal of Geoinformatics, vol.1, no.1, pp.33-40.

Nemoto T.,Masumoto S. and Shiono K.(2005)Extraction of Geologic Boundary: Proposal of Neighbourhood Function. International Journal of Geoinformatics, vol.1, no.1, pp.41-50.

根本達也(2006)フリーオープンソースソフトウェアによるWeb-GISの開発事例. 建設関連業月報 26, pp.17-21.

Masumoto S.,Nonogaki S.,Nemoto T.,Shiono K. and Raghavan V.(2006)Development of Visualization Tool for Geologic Information on GRASS GIS. Proc. GIS-IDEAS2006, pp.281-286.

根本達也,(2007)GISを用いた地質情報管理システムの開発. 平成18年度深田研究助成研究報告,pp.141-154.

Masumoto S.,Nonogaki S.,Nemoto T., Shiono K. and Raghavan V.(2007)Implementation of Geologic Symbology for Free and Open Source GRASS GIS Environment. International Journal of Geoinformatics, vol.3, no.4, pp.49-54.

Masumoto S.,Nonogaki S.,Ninsawat S.,Iwamura S.,Sakurai K.,Raghavan V.,Nemoto T. and Shiono K.(2008)Development of Prototype System for Three Dimensional Geologic Modeling based on Web-GIS. Proc. GIS-IDEAS2008, pp.83-88.

Nemoto T.,Shiono K. and Masumoto S.(2008)Mathematical Expression of Geologic Boundary by Neighborhood Function. Proc. GIS-IDEAS2008, pp.95-100.

木村克己・根本達也(2009)最近における地盤情報の整備と活用(3)-地下構造データベースと3次元地質モデル-. 応用地質50(3), 178-179.

Masumoto S., Nonogaki S., Sakurai K., Ninsawat S., Iwamura S., Shoga H., Nemoto T., Raghavan V. and Shiono K.(2010)Improvement of Three Dimensional Geologic Modeling System based on Web-GIS for Providing Three Dimensional Geologic Information. Proc. GIS-IDEAS2010, pp.113-118.

Nemoto T. and Kimura K.(2010)Development of Web-GIS System for Sharing and Visualizing Geologic Data. Proc. GIS-IDEAS2010, pp.119-124.

Nonogaki S., Nemoto T. and Masumoto S.(2010)Development of Prototype System for Geologic Surface Estimation on the Web. Proc. GIS-IDEAS2010, pp.149-154.

Masumoto S., Nonogaki S., Nemoto T., Sakurai K., Ninsawat S., Iwamura S., Shoga H., Raghavan V. and Shiono K. (2011) Development of a Prototype System of Three Dimensional Geologic Modeling for Providing Geologic Information using Web-GIS. International Journal of Geoinformatics, 8, 53-60.

Nonogaki S., Nemoto T. and Masumoto S. (2011) Web-based Surface Fitting System for Geological Filed Data using Free and Open Source Software, International Journal of Geoinformatics, 8, 9-16.

木村克己・石原与四郎・花島裕樹・根本達也(2011)沖積層の三次元グリッドモデルとその作成手法(概要)-東京低地北部から中川低地南部の例-. 地質調査総合センター研究資料集, no.539, 29p.

升本眞二・根本達也(2012)GISをつかってみよう.地質学雑誌, vol.118, Supplement, pp.116-122.

Nemoto T., Masumoto S., Nonogaki S. and Raghavan V. (2012) Development of web-based distributed database system for geologic data. Proc. Int. Symp. GIS-IDEAS 2012, pp.24-29.

Masumoto S., Nemoto T., Nonogaki S., Tawara H. and Raghavan V. (2012) A study of expression method for reliability of three dimensional geologic model. Proc. Int. Symp. GIS-IDEAS 2012, pp.12-17.

Nonogaki S., Nemoto T. and Masumoto S. (2012) Parallel precessing of geological surface estimation using scattered field data. Proc. Int. Symp. GIS-IDEAS 2012, pp.61-66.

根本達也・升本眞二・塩野清治・野々垣進(2012)地質構造の論理モデルを用いた三次元地質モデリング:データ処理と可視化. 地質学雑誌特集号(受理)

升本眞二・塩野清治根本達也・野々垣進(2012)三次元地質モデルの基本要素と地質構造の論理モデル. 地質学雑誌特集号(受理)

著書等

升本眞二・根本達也・Raghavan V.・塩野清治(2002)GRASS GISによる3次元地質モデリング. 日本情報地質学会, 23p.

升本眞二・根本達也・Raghavan V.(2002)GRASS GIS入門. 日本情報地質学会, 124p.

Raghavan V.,Santitamnont P. ,Masumoto S. and Nemoto T.(2004)Training Notes on Spatial Data Sharing using Free and Open Source Software. GRASS/Mapserver i18n Project, Osaka City University, 193p.

Raghavan, V.・Santitamnont P.・升本眞二・根本達也・米澤剛・野々垣進(2005)フリーオープンソースソフトウェアを用いた空間データシェアリングのためのトレーニングノート2005(Training Notes on Spatial Data Sharing using Free and Open Source Software 2005). GRASS/Mapserver i18n Project, Osaka City University,102p.

升本眞二・野々垣進・江川真史・根本達也(2005)GRASS GISを使ってみよう. 日本情報地質学会, 130p.

根本達也・中田文雄(2005)第3回CALS/ECキーマン教育講習会テキスト. 社団法人 全国地質調査業協会連合会, 159p.

社団法人 全国地質調査業協会連合会・特定非営利活動法人 地質情報整備・活用機構(2005)実務に役立つWeb-GIS. オーム社, 174p.

Raghavan, V.・Santitamnont P.・升本眞二・根本達也・米澤剛・野々垣進(2006)フリーオープンソースソフトウェアを用いた空間データシェアリングのためのトレーニングノート2005-2006(Training Notes on Spatial Data Sharing using Free and Open Source Software 2005-2006). GRASS/Mapserver 国際化プロジェクト(大阪市立大学), 108p.

升本眞二・野々垣進・根本達也・Raghavan V.(2006)GRASS GIS(version 6)を使ってみよう. 日本情報地質学会, 86p.

升本眞二・根本達也・野々垣進・Raghavan V.・塩野清治(2007)GRASS GISによる3次元地質モデリング. 日本情報地質学会, 21p.

根本達也・升本眞二(2012)GISを使ってみよう.日本地質学会第119年学術大会 見学旅行(I班)テキスト, 70p.

招待・依頼講演

地学分野でのGISの活用と最近の話題. 地域地盤環境研究所, 大阪, 2005.2.

Web-GIS版電子納品統合管理システムの構築と活用について. 日本情報地質学会シンポジウム,東京,2006.3.

Google系公開ネットワークにおける地質情報の電子表現. 第17回日本情報地質学会総会・講演会, 山梨,2006.6.

FOSSを用いたWeb-GISの構築と活用. 日本情報地質学会シンポジウム,東京,2006.12.

Web-GISを用いた地質情報の公開について. 産業技術総合研究所 都市地質セミナー, つくば, 2007.10.

学会発表(2011-現在)

野々垣 進・根本達也・升本眞二(2011)Webベースの地質データ補間システムの試作. 日本地球惑星科学連合 2011年度連合大会.

大井昌弘・木村克己・根本達也・藤原広行(2011)メタデータを用いた地盤情報データベースとの連携. 日本地球惑星科学連合 2011年度連合大会.

根本達也・木村克己(2011)オープンソースGISを用いた3次元地質モデル可視化システム. 情報地質, vol.22, no.2, pp.120-121.

北尾 馨・西岡芳晴・根本達也・川畑大作(2011)モバイル環境に最適化したシームレス地質図配信サービス. 情報地質, vol.22, no.2, pp.60-61.

升本眞二・生賀大之・櫻井健一・野々垣 進・岩村里美・根本達也・三田村宗樹・ベンカテッシュ ラガワン・塩野清治(2011)ボーリングデータを用いた大阪平野中央部のWeb-GISによる3次元表層地質モデリング. 情報地質, vol.22, no.2, pp.88-89.

野々垣 進・根本達也・升本眞二(2011)オンライン版BS-Horizonの開発. 情報地質, vol.22, no.2, pp.64-65.

吉田宗可・根本達也・升本眞二(2011)加重平均法を用いた地質構造を考慮した3次元格子データの補間. 情報地質, vol.22, no.2, pp.90-91.

木村克己・根本達也・大井昌弘・花島裕樹(2012)三次元統合化システムによるボーリングデータの公開と地下地質情報の統合化. 地質調査総合センター第19回シンポジウム 社会ニーズに応える地質地盤情報-都市平野部の地質地盤情報をめぐる最新の動向-.

根本 達也・升本 眞二・野々垣 進・ベンカテッシュ ラガワン(2012)フリーオープンソースソフトウェアを用いた分散型地質情報データベースの開発. 情報地質, vol.23 ,no.2, pp.48-49.

根本 達也・谷本 和彦・升本 眞二(2012)Directt3Dを用いた3次元地質モデル可視化ソフトウェアの開発. 情報地質, vol.23 ,no.2, pp.50-51.

升本 眞二・俵 大樹・野々垣 進・根本 達也(2012)ボーリングデータを用いた3次元表層地質モデルの信頼性表現手法の検討. 情報地質, vol.23 ,no.2, pp.52-53.

野々垣 進・根本 達也・升本 眞二(2012)曲面推定プログラムBS-Horizonの改良-OpenMPによるスレッド並列化-. 情報地質, vol.23 ,no.2, pp.66-67.

川畑 大作・西岡 芳晴・根本 達也・北尾 馨・野々垣 進(2012)日本シームレス地質図のWMTS(Web Map Tile Service)試験公開について. 情報地質, vol.23 ,no.2, pp.98-99.

Kimura, K., Ishihara, Y., Hanashima, Y., Nemoto, T. and Nishiyama, S.: Three-dimensional of the shallow-level ground model based on borehole database: a case of the south Kanto plane, central Japan. EUROGEO 2012 Conference, Irelamd, June 2012.

木村克己・石原与四郎・花島裕樹・西山昭一・根本達也:ボーリングデータを用いた地盤モデルの作成手法:東京低地の沖積層基底面モデルとグリッドモデルの例. 第47回地盤工学研究発表会, 青森, 2012年7月.

Kimura, K., Ooi, M. and Nemoto, T.: Borehole data and Information system in Japan. 34th International Geological Congress, Australia, August 2012.

川畑大作・西岡芳晴・根本達也・北尾 馨・野々垣 進:国際標準を活用した地質情報の公開について. 日本地質学会第119年学術大会, 大阪, 2012年9月.

木村克己・大井昌弘・石原与四郎・根本達也:国土の基盤情報としてのボーリングデータ利活用のすすめ. 日本地質学会第119年学術大会, 大阪, 2012年9月.

野々垣 進・根本達也・升本眞二:スレッド並列を用いた地質データ補間システムの開発. 日本地質学会第119年学術大会, 大阪, 2012年9月.

Nemoto T., Masumoto S., Nonogaki S. and Raghavan V. (2012) Development of web-based distributed database system for geologic data. Proc. Int. Symp. GIS-IDEAS 2012, pp.24-29.

Masumoto S., Nemoto T., Nonogaki S., Tawara H. and Raghavan V. (2012) A study of expression method for reliability of three dimensional geologic model. Proc. Int. Symp. GIS-IDEAS 2012, pp.12-17.

Nonogaki S., Nemoto T. and Masumoto S. (2012) Parallel precessing of geological surface estimation using scattered field data. Proc. Int. Symp. GIS-IDEAS 2012, pp.61-66.

受賞・表彰等

第44回地盤工学研究発表会 優秀論文発表者賞「3次元地質モデルのためのWEB統合表示システムの開発」2009.9.

根本達也:Development of web-based distributed database system for geologic data. GIS-IDEAS2012, [GIS-IDEAS2012 Best Poster Award] 2012.10.

研究助成

2006年度:深田研究助成, GIS を用いた地質情報管理システムの開発, 代表.

2010年度-2012年度:科研費 基礎研究(C), 広域地質情報発信のための分散共有型WebGIS3次元地質モデリングシステムの構築, 分担.

2012年度-2014年度:科研費 若手(B), 地質情報共有のための分散管理型Web-GISシステムの開発, 代表.

2012年度-2015年度:科研費 基礎研究(A)(海外) 水環境モニタリングからみる紅河流域都市の変容と持続可能性-ハノイを中心として-, 分担.

共同研究等

2005年度:「平成17年度組合等情報ネットワークシステム等開発事業「地質調査業界におけるWeb-GISへの展開に関する啓発・普及事業」」,全国地質調査業協会連合会.

2005年度-2006年度:産学官連携 産総研共同研究「Web-GISによる地質・地盤情報の流通および高度利用に関する研究」,産業技術総合研究所,地質情報整備・活用機構,全国地質調査業協会連合会,大阪市立大学.

2005年度-2007年度:「全地連Web-GISコンソーシアム」,全国地質調査業協会連合会,大阪市立大学,地質情報整備・活用機構.

2008年度-2009年度:科学技術振興調整費【重要課題解決型研究】統合化地下構造データベースの構築.

2009年度-2010年度:産業技術総合研究所 GEOGrid 融合重点研究 VO機能を実装したボーリング情報システムの開発

2010年度:総務省「ユビキタス特区事業」地質データを活用したリアルタイム地盤災害予測サービスの実証

2010年度-現在:産業技術総合研究所 シームレス地質図ビューア開発.

2011年度-現在:重点研究 大阪市立大学都市防災研究プロジェクト.

2011年度:宇宙利用促進調整委託費 FOSS4Gを活用した衛星データ利用のためのオープン・リソースの構築.

査読経験

2011年度:地質学会

2011年度:情報地質学会

2011年度-2012年度:地質学会(特集号編集委員)×2編

2011年度:International Journal of Geoinformatics


[学会活動]

委員等

2003年度-2004年度:日本情報地質学会 第8回選挙管理委員

2007年度-現在:日本情報地質学会 評議員

2009年度:日本地質学会シンポジウム「3次元地質モデルの構築手法と利活用」コンビーナ

2009年度-2011年度:日本地球惑星科学連合大会セッション「地球情報の標準・管理と3次元モデル」コンビーナ

2009年度-現在:日本情報地質学会 交流委員

2011年度-現在:日本情報地質学会 総務委員

2011年度-2012年度:日本地質学会 特集号編集委員


[教育活動]

担当授業

2011年度 大学院担当科目:環境地球学演習,前期特別研究,環境地球学ゼミナール,後期特別研究

2011年度 共通教育科目:地球学実験B,建設地学・同実習

2011年度 地球情報基礎論,地質調査法I・同実習,地球学演習II・III,特別研究

2012年度 大学院担当科目:環境地球学演習,前期特別研究,環境地球学ゼミナール,後期特別研究

2012年度 共通教育科目:地球学実験A,建設地学・同実習

2012年度 地球情報基礎論・同実習,地質調査法I・同実習,地球学演習II・III,特別研究

学内委員等

2011年度:広報委員会, LAN運営小委員会, 情報処理教育推進小委員会, ニュースレター編集委員

2012年度:広報委員会, LAN運営小委員会, 情報処理教育推進小委員会, ニュースレター編集委員委員長, 地調法I・II・III・IV及び同実習世話人


[社会活動]

委員等

2005年度:全国中小企業団体中央会・組合等情報ネットワークシステム等開発事業「地質調査業界におけるWeb-GISへの展開に関する啓発・普及事業」専門会委員

2005年度 - 2007年度:全国地質調査業協会連合会Web-GISコンソーシアム メンバー

2007年度:第1回地質情報管理士資格検定試験 試験問題作成委員

2010年度:「International Symposium on GeoInformatics for Spatial-Infrastructure Development in Earth and Allied Sciences」Scientific Committee 委員

2011年度:総務省・ASPIC「地盤情報の二次利用検討分科会」委員

2012年度:全地連「のり面構造物についてのアセットマネジメントに関する調査・研究委員会」副委員長

2012年度:「International Symposium on GeoInformatics for Spatial-Infrastructure Development in Earth and Allied Sciences」Scientific Committee 委員

2012年度:総務省:平成 24 年度「情報流通連携基盤の地盤情報における実証」地盤情報流通連携基盤システム検討委員会 委員

2012年度:総務省:平成 24 年度「情報流通連携基盤の地盤情報における実証」高知「選定フィールド実証」検討委員会 委員

技術講習会等

「地質情報研究プログラム -基礎数学コース・空間情報コース-」,日本情報地質学会 技術講習会,2000.11.

「地質情報研究プログラム -基礎数学コース・空間情報コース-」,日本情報地質学会 技術講習会,2001.6.

「ジオインフォマティクス サマースクール2001」,日本情報地質学会 サマースクール,2001.9.

「地質情報研究プログラム -地質情報コース・空間情報コース-」,日本情報地質学会 技術講習会,2002.2.

「GRASS GISによる3次元地質モデリング」,日本情報地質学会2001年度第4回技術講習会,2002.3.

「GRASS GISによる3次元地質モデリング」,日本情報地質学会2002年度第1回技術講習会,2002.6.

「空間情報処理と3次元地質モデリング」,日本情報地質学会 サマースクール,倉敷,2002.8.

「GRASS GISによる3次元地質モデリング」,日本情報地質学会2002年度第3回技術講習会,2002.11.

「空間情報処理と3次元地質モデリング」,日本情報地質学会 サマースクール,倉敷,2003.8.

「GRASS GISと3次元地質モデリングの実演 in 「全地連e-フォーラム2003さいたま」」,日本情報地質学会 技術講習会,2003.9.

「オープンソースフリーソフトウェアを用いたWeb-GISの構築」,日本情報地質学会2003年度第3回技術講習会,2004.2.

「Spatial Data Sharing using Free and Open Source Software」,後援:JICA,大阪,2004.6.

「GRASS GISによる3次元地質モデリング」主催:日本情報地質学会,福岡,2004.9.

「オープンソースソフトウェアを用いた空間データの共有・発信」,主催:日本情報地質学会,福岡,2004.9.

「Web-GISサーバー構築実機使用講習会」,主催:全国地質調査業協会連合会,東京,2004.10.

「第3回CALS/ECキーマン教育」,主催:全国地質調査業協会連合会,東京,2005.6.

「地質調査業界におけるWeb-GISへの展開に関する啓発・普及事業 成果普及講習会」,主催:全国地質調査業協会連合会,盛岡,2005.10.

「地質調査業界におけるWeb-GISへの展開に関する啓発・普及事業 成果普及講習会」,主催:全国地質調査業協会連合会,新潟,2005.10.

「オープンソースソフトウェアを用いた空間データの共有・発信」,主催:日本情報地質学会,仙台,2005.9.

「Web-GIS技術集中研修」,主催:全地連Web-GISコンソーシアム,静岡,2005.11.

「オープンソースソフトウェアを用いた空間データの共有・発信」,主催:日本情報地質学会,名古屋,2006.9.

「Web-GIS技術集中研修」,主催:全地連Web-GISコンソーシアム,静岡,2006.11.

「GISを使ってみよう.」,日本地質学会第119年学術大会 見学旅行(I班),大阪,2012.9.

講演等

数理講座「コンピュータでつくる3次元地質モデル」大阪市立高等学校, 2013.1.30.

イベント出展

日本情報地質学会展示,全国地質調査業協会連合会「技術フォーラム2000」, 2000.9.

日本情報地質学会展示,全国地質調査業協会連合会「技術フォーラム2003」, 2003.9.

日本情報地質学会展示,全国地質調査業協会連合会「技術フォーラム2004」, 2004.9.

日本情報地質学会展示,全国地質調査業協会連合会「技術フォーラム2005」, 2005.9.

地質情報整備活用機構展示,全国地質調査業協会連合会「技術フォーラム2005」, 2005.9.

日本情報地質学会展示,全国地質調査業協会連合会「技術フォーラム2006」, 2006.9.

地質情報整備活用機構展示,全国地質調査業協会連合会「技術フォーラム2006」, 2006.9.

「関東平野の地下地質・構造と地震動・地下水特性」,産総研オープンラボ,2008.10.

「関東平野の地下地質情報」,産総研オープンラボ,2009.10.

プレス発表

「ボーリングデータの電子化促進を目指したボーリングデータ処理システムの公開」 大井昌弘・木村克己・藤原広行・根本達也,2010.8

新聞等

「地質情報の統合化とウェブ公開システム」,日刊工業新聞 科学技術・大学,日刊工業新聞社,2010.6.