若手フォーラムの講演要旨は、発表者全員に作成をお願いいたします。依頼講演の先生は、A4用紙2~3枚最大4枚まで、で作成をお願いします。ポスター発表者は、A4用紙1枚分で作成をお願いします。下のリンクからダウンロードするか、左のフォーマットに従って作成してください。締切は8月28日です。お手数ですが、期日までにWordファイルを下記のE-mailアドレスに送信してください。
大阪市立大学 舘 祥光 (ytachi@sci.osaka-cu.ac.jp)
この要旨は後ほどPDFで配信する予定です。提出後の変更はできませんので、よくご確認の上、送信願います。
講演要旨の作成について
講演およびポスター発表について
ポスターボードは横90cm X 縦210cm です。最上部の横15cm X 縦 10cm に講演番号を添付しますことに、留意してください。タイトル、発表者氏名、所属を掲示して下さい。 本文中の文字の大きさは特に指定しませんが、 図表ならびにそのキャプションは 2 m 程度離れても、十分見える大きさとして下さい。
 
ポスター賞の審査のため審査員が回ります。審査が速やかに進行出来ますようご配慮願います。
ポスター発表発表者へ
発表には液晶プロジェクターを使用します。ご本人で準備していただいたPCを使用できます。映像出力端子ミニD-Sub 15ピン端子(メス)がPC本体にあることをご確認下さい。 映像出力端子が本体についていない場合は、接続アダプタ等をご用意下さい。 電源ケーブルまたはバッテリー(接続時間を含め最大2時間近くPCを立ち上げておく必要があります) もお持ち下さい。また、マウス等を使用する場合は、ご自身でご準備下さいますようお願いいたします。
 
   推奨PC
     Windows  : Windows2000以降
     Macintosh: Mac OSX以降
 
これらのPCで解像度XGA(1024×768)の映像出力ができるものとさせていただきます。
ご講演の前に、PCを液晶プロジェクターに接続して頂き、動作確認をお願い致します。
余裕を持って会場にご到着下さい。
 
PC 接続が不調の場合、会場で用意するPC (WindowsXP+PowerPoint2000, MacOSX+ PowerPoint2004 and Keynote2)を利用して発表して頂きます。ご自身の発表用ファイルをUSB メモリーかCD でご持参下さい。申し訳ありませんが、その際は上記のアプリケーション以外は利用できませんので、ムービー、アニメーションなどで、外部ソフトを必要とするプレゼンテーションはできない場合があります。また、会場で用意する機材の仕様との不一致により、映写に不具合が生ずる場合があることをご承知置き下さい。
依頼講演の先生方へ
210cm
90cm
20 mm
25 mm
25 mm
20 mm
< 戻る 講演要旨作成フォーマットのダウンロード
 30 mm
 20 mm
次へ > 第21回 生体機能関連化学シンポジウム「若手フォーラム」