研究内容

中島 洋(教授)

1.タンパク質をベースとする新たなセンサー機構の試み
2.好熱菌由来タンパク質から耐熱性ペルオキシダーゼを創る
3.窒素固定酵素の性質を遺伝子のレベルから理解する

⇒詳細はこちら

西岡 孝訓(准教授)

1.糖を導入した金属錯体についての研究
2.多電子酸化還元能をもつ多核錯体についての研究

⇒詳細はこちら

廣津 昌和(准教授)

金属錯体のレドックス機能制御
1.金属錯体と有機π電子系を用いた機能性物質の合理的設計
2.多核金属錯体の構造制御とレドックス機能
3.チオラート錯体を用いた窒素分子活性化およびプロトン還元反応

⇒詳細はこちら