市大数学教室

大阪市立大学数学研究所
(Osaka City University Advanced Mathematical Institute)
+ トップページに戻る




  複素解析セミナー(2019)
 2018年度


大阪市立大学数学研究所(OCAMI) での事業の一環として、複素函数論に関連したセミナーをしています。
講演者を募っております。

 
世話人: 神谷茂保,  小池貴之,  佐官謙一,  西尾昌治,  濱野佐知子
〒558-8585
大阪府大阪市住吉区杉本3丁目3番138号

大阪市立大学 大学院理学研究科 数物系専攻
大阪市立大学数学研究所






講 演 者 :志賀 啓成 (京都産業大学)
タ イ ト ル : T.B.A.
   (アブストラクト)
日 時 10 月 10 日(木) 15:15 ~ 
場 所 :大阪市立大学、小講究室 B(理学部 F 405)
Toptop
講 演 者 :Guokuan SHAO (Academia Sinica)
タ イ ト ル : G-equivariant Szego kernel asymptotics on CR manifolds
   (アブストラクト)
日 時 6 月 10 日(月) 10:30 ~ 
場 所 :大阪市立大学、小講究室 B(理学部 F 405)
Toptop
講 演 者 :大沢 健夫 (名古屋大学)
タ イ ト ル : L^2消滅定理と変形理論への最近の応用
   (アブストラクト)
日 時 5 月 30 日(木) 15:00 ~ 
場 所 :大阪市立大学、小講究室 B(理学部 F 405)
Toptop

アブストラクト集



講 演 者: 志賀 啓成 (京都産業大学)
タ イ ト ル: T.B.A.

T.B.A

Toptop



講 演 者: Guokuan SHAO (Academia Sinica)
タ イ ト ル: G-equivariant Szego kernel asymptotics on CR manifolds

Let X be a compact connected strongly pseudoconvex CR manifold. Assume that X admits a connected compact Lie group G action. Under certain natural assumptions on G, we show that the G-equivariant Szego kernel is a complex Fourier integral operator, smoothing away from \mu^{-1}(0), where  denotes the CR moment map. By applying our result to the case when X also admits a transversal CR S^1 action, we deduce an asymptotic expansion for the m-th Fourier component of the G-equivariant Szego kernel as m \to \infty and compute the coefficients of the first two lower order terms. This talk is based on joint work with Chin-Yu Hsiao and Rung-Tzung Huang.

Toptop



講 演 者: 大沢 健夫 (名古屋大学)
タ イ ト ル: L^2消滅定理と変形理論への最近の応用

Toptop




最終更新日: 2019年6月6日
(C)大阪市立大学数学教室
数学教室のページに戻る