編入生の声

K. K.さん体験記

編入に悩んでいるようでしたら勇気をもって挑戦を!

 大学編入と言えば高専からの編入が一般的ですが、私は私立大学からの編入で大阪市立大学へ入学しました。私の場合、元の大学よりもランクが高い大学への編入だったため授業が難しかったり、単位がうまく取れないのではないかと心配でした。しかし実際に入学してみると、事務の方や先生方が丁寧にフォローして頂けるので二年間のうちに卒業し、教育免許も取得できました。

 また、研究室での研究は私立大学と比べ人数が少ないため、自分の裁量が大きく、様々なことに挑戦させてもらえるよい環境だと思います。化学科は先生と生徒の距離が近く、全体として穏やかな雰囲気の学科です。編入に悩んでいるようでしたら勇気をもって挑戦してみてください。

M. H.さん体験記

編入学生への充実したサポートが魅力

 私は高専を卒業し、大阪市立大学へと編入学しました。

 3年次編入ということで、友人ができるかどうか、授業についていけるかどうかなど多くの不安がありました。 しかし、登校初日から多くの人に話しかけてもらいすぐに溶け込むことができ、学生の雰囲気の良さにとても感動しました。授業では復習の内容が初めて習う内容だったり高専との履修内容の違いから授業についていけないと感じることもありましたが、先生方やほかの学生に手助けしてもらうことでなんとか授業についていくことができました。

 化学科は学生数が少ないこともあり、特に先生が親身に面倒を見てくれ良い雰囲気だと思います。編入してくる学生に対してもサポートがしっかりしているのでお勧めです。