教員と研究テーマ


教授 後藤慎介(GOTO, Shinsuke; Goto, Shin G.)

生物はどのようにして生 存に不適切な環境を 乗り越えようとするのか、その分子メカニズムはどのようなものか、を大きなテーマとして研究を行っています。なかでも昆虫の低温耐性の獲得や光周性のプロ セスにはどのような遺伝子が関わっているのかが研究テーマの大きな柱です。
 近年はRNA干渉法(RNAi)を用いて遺伝子発現を改変することで,環境適応に関わる遺伝子群を明 らか にしています.
 2010-2011にかけて南極に行き,南極大陸上で一生を過ごす最大の生物であるナン キョク ユスリカ(最大といっても6mmくらい)の現地調査を行いました.

2014年よりPhysiological Entomology誌の編集長を務めています.

ごとう
Fellow of the Royal Entomological Society

PDFファイル 
業績(英語)   
業績(日本語) 

自動生成サイト
Research map
Google Scholar
ORCID
E-mail: shingoto@sci.osaka-cu.ac.jp


Selected Publications

Mukai, A., Goto, S.G. (2016) The clock gene period is essential for the photoperiodic response in the jewel wasp Nasonia vitripennis (Hymenoptera: Pteromalidae). Applied Entomology and Zoology 51, 185-194.
Goto, S.G. (2016) Physiological and molecular mechanisms underlying photoperiodism in the spider mite: comparisons with insects. Journal of Comparative Physiology B 186, 969–984.
後 藤慎介(2014) 「光周性」 環境Eco選書9 昆虫の時計―分子から野外まで― 沼田英治編,北隆館.
●Goto, S.G., Numata, H. (2014) Insect Photoperiodism. In Hoffmann, K.H. (ed.) Insect Molecular Biology and Ecology. CRC Press. pp. 217-244.
●Takekata, H., Numata, H., Shiga, S., Goto S.G. (2014) Silencing the circadian clock gene Clock using RNAi reveals dissociation of the circatidal clock from the circadian clock in the mangrove cricket. Journal of Insect Physiology 68, 16-22.


担当授業・実 習

大学院科目
 情報生物学特論I

専門教育科目

動物生理学,生物学の潮流,専門生物学実験A,生物学実験S,臨海実習

共通教育科目

 生物学概論C,生物学概論I,生物学実験B 





准教授 渕側太郎(FUCHIKAWA, Taro)

 昆虫を含む動物は、オスメス間の関係にとどまらず、社会といった関係の中 でどのように活動のオンオフをコントロールして生活しているのかをテーマとして研究しています。一 日周 期の活動のオンオフは体内時計という遺伝子レベルの制御によって実現されています。その体内時計の制御 は、その生物個体の置かれる社会的環境によって柔軟に変化するかもしれません。生物は様々な環境に 生息 しており、その結果生み出される多様性は我々の心を魅了し続けます。

Fuchikawa

Personal website
Google Site

自動生成サイト
Google Scholar
ORCID
E-mail: tfuchi@sci.osaka-cu.ac.jp


Selected Publications

渕側太郎時を測 るミツバチ:コロニーの活動リズムはどのように決まるのか」新田梢・陶山佳久()『「生物時計の生態学 リズムを刻む生物の世界』種生物学研究 38: (2015) 文一総合出版(査読付き)

Fuchikawa T, Beer K, Linke-Winnebeck C, Ben-David R, Kotowoy A, Tsang VWK, Warman GR, Winnebeck EC, Helfrich-Förster C, Bloch G (2017) Neuronal circadian clock protein oscillations are similar in behaviourally rhythmic forager honey bees and in arrhythmic nurses. Open Biology 7: 170047
Fuchikawa T, Eban-Rothschild A, Nagari M, Shemesh Y, Bloch G (2016) Potent social synchronization can override photic entrainment of circadian rhythms. Nat. Commun. 7: 11662.
Fuchikawa T, Matsubara K, Matsuura K, Miyatake T (2012) Acoustic emission monitoring of the effect of temperature on activity rhythms of the subterranean termite, Reticulitermes speratus. Physiol. Entomol. 37: 303-308
Fuchikawa T, Sanada S, Nishio R, Matsumoto A, Matsuyama T, Yamagishi M, Tomioka K, Tanimura T, Miyatake T (2010) The Clock Gene Cryptochrome of Bactrocera cucurbitae (Diptera: Tephritidae) in Strains with Different Mating Times. Heredity 104: 387-392


担当授業・実 習

大学 院科目
 情報生物学特論II
専門教育科目

神経生物学,専門生物学実験A

共通教育科目

 生物学実験B 





特任講師 濵中良隆(HAMANAKA, Yoshitaka)

 我々を取り巻く環境は時々刻々と変化しています。生物は環境からの刺 激に基づいて周囲の状況を把握あるいは推測することで、行動や体の生理状態を柔軟に変化させて 厳しい自然を生き抜いています。私はシンプルな脳を持つ無脊椎動物を対象に、『脳が環境情報を 処理する仕組み』を研究しています。現在は、ヨーロッパ原産の淡水産の巻貝(ヨーロッパモノア ラガイ)を材料として、脳が日の長さを頼りに季節を知る仕組みの研究を行っています。キーワー ド:光周性、視覚、記憶・学習、神経細胞の超微細構造。

hamanaka-si.jpg


E-mail: hamanaka@sci.osaka-cu.ac.jp


Selected Publications
● Hase H., Koukai M., Hamanaka Y., Goto S.G., Tachibana S.-I., Shiga S. (2017) Transcriptome analysis of the brain under diapause and nondiapause conditions in the blowfly Protophormia terraenovae. Physiological Entomology, 42: 282–289.

● Hamanaka Y., Minoura R., Nishino H., Miura T., Mizunami M. (2016) Dopamine- and tyrosine hydroxylase-immunoreactive neurons in the brain of the American cockroach, Periplaneta americana. PLoS ONE 11(8): e0160531.

● 濵中 良隆, 泰山 浩司 (2015) キイロショウジョウバエ第一次神経中枢・視葉板の超微細構造. 顕微鏡 50(2): 126-130.(和文・査読有り)

● Hamanaka Y., Shibasaki H., Kinoshita M., Arikawa K. (2013) Neurons innervating the lamina in the butterfly, Papilio xuthus. Journal of Comparative Physiology A 199: 341–351.
● Hamanaka Y., Park D., Yin P., Annangudi S.P., Edwards T.N., Sweedler J., Meinertzhagen I.A., Taghert P.H. (2010) Transcriptional orchestration of the regulated secretory pathway in neurons by the bHLH protein DIMM. Current Biology 20, 9–18.


担当授業・実 習

専門教育科目

生物学の潮流,専門生物学実験A,生物学実験S,臨海実習

共通教育科目

 生物学実験B 





特任助教 松本圭司(MATSUMOTO, Keiji)

 昆虫の変態と生殖をコントロールするホルモンの合成や分泌が脳によってどうやって制御されるかに興味が あります。現在は、吸血性サシガメの幼若ホルモンに関する研究を行っています。
 また、ゲノム編集法を用いてショウジョウバエの光周性に関わる遺伝の特定を試みています。


E-mail: keiji@sci.osaka-cu.ac.jp


Selected Publications

●Koshikawa S., Fukutomi Y., Matsumoto K. (2017) Drosophila guttifera as a model system for unraveling color pattern formation. Integrative Approach to the Analysis of the Diversity and Evolution of Butterfly Wing Patterns, Springer, in press.
●Tanigawa N., Matsumoto K., Yasuyama K., Numata H., Shiga S. (2009) Early embryonic development and diapause stage in the band-legged ground cricket Dianemobius nigrofasciatus. Development Genes and Evolution 219, 589-596.
●Matsumoto K., Numata H., Shiga S. (2013) Role of the brain in photoperiodic regulation of juvenile hormone biosynthesis in the brown-winged green bug Plautia stali. Journal of Insect Physiology 59, 387-393.
●Matsumoto K., Suetsugu Y., Tanaka Y., Kotaki T., Goto S.G., Shinoda T., Shiga S. (2017) Identification of allatostatins in the brown-winged green bug Plautia stali. Journal of Insect Physiology 96, 21-28.
●Fukutomi Y., Matsumoto K., Agata K., Funayama N., Koshikawa S. (2017) Pupal development and pigmentation process of a polka-dotted fruit fly, Drosophila guttifera (Insecta, Diptera). Development Genes and Evolution 227, 171-180.


担当授業・実 習

専門教育科目

生物学の潮流,専門生物学実験A,生物学実験S

共通教育科目

  生物学実験B 
English Japnese